AutoCAD

Category
cadでできる仕事

〔AutoCAD〕50. 文字検索とショートカット

【↑↓キー】 キーボードのカーソルキーの「↑」「↓」でそのデータ内で今まで使用したコマンドが循環されます。またコマンドが表示された状態で「ENTER」をおすとコマンドが実行されます。 【文字検索】 メニューバーの”表示”→”文字検索”から図面内の文字を検索することが可能です。①の「検索する文字列」に検索したい文字を入力...
cadでできる仕事

〔AutoCAD〕49. 面取り

【面取り】 フィレットでコーナーをつける方法は説明しましたね。面取りの方法です。面取りという言葉をあまり聞いたことがない方も多いとおもいます。料理で煮物を作るときの大根の面取りと同じです。要は角のエッジをとることですね。建築や土木の分野ではあまり活躍しないかもしれませんが、機械分野では必ずと言っていいほど出てきます。 ...
cadでできる仕事

〔AutoCAD〕48. 便利な機能

【レイアウト→モデル空間に変換】 レイアウト(ペーパー空間)はAutoCAD独自の便利な機能です。しかしJWやVectorなど他のソフトはレイアウトに対応していないため、せっかく作成したレイアウトも意味がありません。そんな時は” EXPORTLAYOUT”コマンドを使用しましょう。このコマンドはレイアウトをそのままモデ...
cadでできる仕事

〔AutoCAD〕47. 作図スピードを上げる

【AutoCADの作図で大切なこと】 図面をかく上で大切な事が3つあります。「正確性」「見やすさ」「スピード」です。 当たり前ですが、寸法や形状が間違っていてはいけません。電卓をたたいて寸法が合っているか見直しすることも大切です。 また出来上がった図面は他会社の方、施工会社の方、工場の方、検査する方など様々な人が見ます...
cadでできる仕事

〔AutoCAD〕46. ブロック編集

【ブロック挿入時に尺度変更】 オブジェクトの縦・横比を変更した場合は、ブロック機能を利用しましょう。 尺度変更コマンドでは縦・横比は均一な尺度変更しかできませんが、ブロックにすると「ブロック挿入ダイアログボックス」の尺度で、X・Yの値を入力することができます。 既定ではX・Y・Zすべて1になっているので、たとえば縦方向...
cadでできる仕事

〔AutoCAD〕45. グループ

【グループとは】 グループはまったく別の画層や色のオブジェクトを1つのグループにまとめて編集できます。画層が同じであれば表示・非表示が使えますし、色が同じならクイック選択で簡単に選択することができますね。しかし、線分・円・Red・Yellow・画層1・画層2といったオブジェクトプロパティがそれぞれ異なるオブジェクトの場...
CADの文字化けの対処法

〔AutoCAD〕44. 表示順序

【表示順序とは】 オブジェクトが重なっていると、前面と背面で表示順序がかわってきますね。線やmonochromeで印刷する場合はあまり表示順序は関係ないかもしれませんが、ハッチングや背景マスクを付けたり、ポリラインに幅を付けたり、カラーで印刷するときに重要になってきます。 Illustratorなどでは、表示順序はレイ...
cadでできる仕事

〔AutoCAD〕43. 分解、ブロックのオブジェクトプロパティ

【分解とは】 ブロックやポリライン、寸法、マルチテキストなどのオブジェクトは分解することができます。 メニューバーの”修正”→一番下にある”分解”、もしくはコマンド”EXPLODE”かショートカット”X”を入力して、分解したいオブジェクトを選択します。コマンドウィンドウに「認識された数」や、分解できないオブジェクトは「...
cadでできる仕事

〔AutoCAD〕42. ブロック

【ブロックとは】 ブロックとはCADの部品集のようなもので、作成したオブジェクトを名前を付けて登録しておくことができます。登録しているブロックを倍率をかえて挿入することもできます。ブロックにすると複数のオブジェクトからなる図形は、1つのブロックオブジェクトとして扱われます。 図面内で同じ形のオブジェクトが複数あるときは...
cadでできる仕事

〔AutoCAD〕41. DWGとDXF

【DWGとDXF】 AutoCADは保存する際、拡張子がDWGかDXFか選択できます。この違いを理解しておくといいでしょう。 まずDWGはAutoCADを作成したオートデスク社のオリジナル拡張子で、バイナリー形式というAutoCAD専用のファイルフォーマットになります。通常図面を作成して保存する際はこちらを使用します。...