CADでの外部参照の図を挿入する方法

CADでの外部参照の図を挿入する方法

CADでの作図作業において、一連のプロジェクトにおいて意匠などの設計内容がどのように変わっていったかを比較できる手段として、作業中の図面に他の図面データを貼り付ける方法があります。その際に役立つ機能で「外部参照」が挙げられます。そこで、今回はその外部参照機能について説明してゆきます。

 外部参照の役割と使い方

外部参照とは、AutoCADの他の図面ファイルを、現在開いている(作業中の) 図面ファイルに貼り付ける機能で、貼り付けたデータはブロック形式で保存されます。

操作手順は次の通りです。

・「ブロックと参照」タブをクリックし、「外部参照」を選択する

(メニューから「挿入」をクリックし、「外部参照」を選択する)

・「外部参照」コマンドを実行させると「外部参照」パレットが画面に表示されるので、取り込みたい参照図を選択する。すると、選択した参照図の詳細情報がパレット下部に表示される。ちなみに、表示される主なものとして、参照図のイメージやデータ(寸法など) が挙げられる。

新規で参照図をアタッチする(図面データをブロックのような形で貼り付けること) 場合、まず参照図を選択する必要があります。そのためには、「外部参照」パネルの最上段にある「DWGをアタッチ」を選択します。また、「ブロックと参照」タブ内の「参照」パレットにある「DWG(xattachまたはxa)」コマンドをクリックすることでも同じ効果が得られます。これらの方法でアタッチしたい図面を選択すると、「参照ファイルを選択」のダイアログボックスが表示されるので、アタッチしたい参照図を選択して「開く」をクリックして別の図面に参照図をアタッチする下準備を行います。

次に、外部参照によって、目的の図面を作業中の領域内にアタッチする作業に移ります。

・「外部参照アタッチ」画面が表示された後、「OK」をクリックする

・作業中の図面ファイル内でマウスを左クリックすると、自動的にアタッチ作業が進む

一方、外部参照アタッチで「挿入位置・尺度・回転角・尺度」の数値を手入力で変更することも可能です。この修正作業によって作業図面にアタッチする位置を指定することが可能となります。

外部参照をアタッチすると、外部参照パレットのファイル参照ペインに参照図面が表示されます。ペインで参照図面を選択した場合、「詳細/プレビューペイン」に参照図面の情報やイメージが表示されます。(詳細/プレビューペインの切替は、ペイン上段にアイコンがあるので、そこで切替を行います)

 外部参照で取入れた図面の編集方法

外部参照によってアタッチした図面は、ブロックのような形で貼り付けられ、図面の分解も当然可能です。ただし、通常のブロックと異なる点として、元々の図面に編集が加えられていた場合、その編集がアタッチした先の図面にも反映されてしまいます。

一方、外部参照でアタッチした図面をバインド(図面データをブロック化すること) する場合の操作方法について説明します。

・「外部参照」パレット内の「ファイル参照」ペインでバインドする参照図面を選択する

・選択した図面を右クリックし、「バインド」のコマンドをクリックし、個別バインドと挿入のいずれかを選択してクリックする

(両者の使い分けの目安として、作業中の図面と参照図面の画層や線の太さなどを分けたい時に「個別バインド」、それ以外では「挿入」を選択します)

*
*
* (公開されません)

CADの人気記事一覧

キャドの話題記事