AutoCAD ( 2 )

Category
cadでできる仕事

〔AutoCAD〕42. ブロック

【ブロックとは】 ブロックとはCADの部品集のようなもので、作成したオブジェクトを名前を付けて登録しておくことができます。登録しているブロックを倍率をかえて挿入することもできます。ブロックにすると複数のオブジェクトからなる図形は、1つのブロックオブジェクトとして扱われます。 図面内で同じ形のオブジェクトが複数あるときは...
cadでできる仕事

〔AutoCAD〕41. DWGとDXF

【DWGとDXF】 AutoCADは保存する際、拡張子がDWGかDXFか選択できます。この違いを理解しておくといいでしょう。 まずDWGはAutoCADを作成したオートデスク社のオリジナル拡張子で、バイナリー形式というAutoCAD専用のファイルフォーマットになります。通常図面を作成して保存する際はこちらを使用します。...
cadでできる仕事

〔AutoCAD〕40. 右クリックをENTERに設定する

作図スピードを上げたい方は、是非この設定をおこなって下さい。既定の設定では右クリックはショートカットメニューが表示されますね。これをキーボードの「ENTER」を押すのと同じ設定にすることができます。 【オプション】 メニューバーの”ツール”→一番下にある”オプション”を選択すると、「オプションダイアログボックス」が開き...
cadでできる仕事

〔AutoCAD〕39. クイック選択

【クイック選択とは】 図面には画層や色、線の太さ、文字スタイルなど、様々な設定をしたオブジェクトがあります。また、線分やポリライン、円、寸法とオブジェクトタイプも様々です。 たとえば「図面の中の円だけを選択したい」や「この範囲の中の文字を全部MSゴシックの文字スタイルにして色をredに変更したい」といったことをしたいと...
cadでできる仕事

〔AutoCAD〕38. ByLayer

【ByLayerとは】 色や線の太さ、線種を選んでいると、「ByLayer」という表示がありますよね。下の図はドッキングツールバーの「オブジェクトプロパティ管理」で色・線種・線の太さが選択できます。 ※もう一つ下に「ByBlock」もありますが、これはブロック機能を使用するときのものなので、説明は省きます。ブロック使用...
cadでできる仕事

〔AutoCAD〕37. 寸法スタイル

【寸法スタイルとは】 寸法は色、文字の高さ、補助線など様々な設定があります。また、尺度1/10の図面の寸法と尺度1/500の図面の寸法では、尺度が違うので文字や矢印の大きさもかえないと、文字が大きくなったり小さくなって読めなくなったりしますね。そのような設定をそれぞれの尺度にあった寸法スタイルを作成することによって、簡...
cadでできる仕事

〔AutoCAD〕36. 文字スタイル

【文字スタイルとは】 文字スタイルとはフォントやサイズや効果などを設定してスタイルとして保存できる機能です。図面を見やすくするためにも、1つの図面で使用するスタイルを決めておくことをおすすめします。 既定のスタイルは「Standard」でフォントはビッグフォントに設定されています。 【AutoCADのフォント】 文字ス...
cadでできる仕事

〔AutoCAD〕35. オブジェクトスナップ

【オブジェクトスナップ】 オブジェクトスナップは作図していく上で端点や中点、中心をスナップしてくれる作図補助機能です。チェックをいれる項目は人それぞれですが、全部にチェックをいれるとスナップされすぎて作業しにくくなってしまいます。必要最低限でチェックを入れて、あとは”Shift”+右クリックの「一時オブジェクトスナップ...
cadでできる仕事

〔AutoCAD〕34. モデル空間でのビューポート

【モデル空間のビューポートとは】 レイアウトでのビューポートの使用方法は分かりましたね。モデル空間でのビューポートの使用方法を説明します。 レイアウト(ペーパー空間)でのビューポートと、モデル空間でのビューポートは意味が違ってきますので、間違えないようにしてください。 図のようにモデル空間では作図ウィンドウをビューポー...
cadでできる仕事

〔AutoCAD〕33. レイアウトを作成する2

【尺度を調整する】 ビューポートは作成できましたね。では次にビューポートの尺度を調整していきましょう。 ペーパー空間の編集でビューポートを選択して②を見て下さい。これはビューポートの尺度になります。現在は1.305…という数値になっていますが、S=1:1なのでクリックして「1:1」に修正しましょう。この尺度調整がなれる...