CADのデータ形式について知っておくと安心して作業ができる

CADのデータ形式について知っておくと安心して作業ができる

データを保存する形式にはそれぞれのデータに合った方法で行わなければ中身が破損してしまうことがあります。基本的にはCADなどのソフトを使用してデータを保存した場合自動的に最適な形式で保存されることになり、その形式について特に意識することなく作業が完了します。しかし様々な環境でそのデータを利用するにはデータ形式というものについて知っておくと予期せぬ破損を防ぐことができます。

ファイルのデータ形式について

データ形式とはプログラム上でデータを保存するためのルールのようなものであり、特定のソフトに依存する形式から様々なソフトに対応した汎用的な形式もあります。例えばテキスト形式のファイルであればどんなワープロソフトでも開くことが可能です。一方、エクセルで作ったファイルは基本的にそのソフトがなければ開くことができません。CADで作成したファイルも同様に、そのファイルを開くためには基本的にCADのソフトが必要となります。データ形式は拡張子として識別することができますがこれは編集することも可能で必ずしも信頼の出来るものではありません。間違った方法でデータを操作しようとすると壊れてしまうこともあるので注意が必要です。

CADデータの互換性

CADで作成したデータはDXFやSXFなどの形式で保存されます。CADといっても様々なソフトがあるためデータ形式にも違いが生じてしまっています。同じソフトでしかデータを扱わなければ何も問題はありませんが、異なるCADソフトの場合対応していない可能性があります。上に挙げたデータ形式であれば多くのソフトで対応しておりファイルを開くことができますが扱うデータがどの形式であるのか意識しておくとデータ移行などを行うときにスムーズに事が進められるでしょう。また、ソフトがあるデータ形式に直接対応していなくてもデータ形式の変換が可能なこともあります。

主なデータ形式について

DWG

DWGは「AutoCAD」における標準のデータ形式です。一会社の開発したソフトのデータ形式ですが、ソフトの人気も高くシェア率が高いです。

DXF

同じくオートデスク社発信のデータ形式ですが、DXFはAutoCADのバージョン間の差異を埋めるために考えられたデータ形式になります。しかしこのデータ形式の仕様が公開されることでAutoCAD以外の多くのCADソフトにおいても扱われています。

JWC

こちらもCADソフトの中では人気もある「JW_CAD」で作成されたデータの保存形式です。基本的にはJW_CADで扱うことが前提とされたデータ形式ですが互換性を高められるようDXFなどの形式に変換することも可能です。

SXF

これまでの特定のソフトに依存した形式とは異なり、CADデータの交換用としてできたデータ形式です。仕様も公開されておりDXFよりさらに高い互換性が期待されていますがCADソフト間から生じる違いに完全に対応できるわけではありません。

データ形式を知ることで安全にデータ移行が行える

CADで作成したデータは異なるCADソフトで開く場合だけでなく全く異なるソフトで扱いたいというケースもあります。「illustrator」との併用によって図面の見せ方を変えたいときなどにはデータ形式を変換しなくてはならないこともあります。このとき、データの状態を知っておくことで安全にファイルを開くことができるようになることでしょう。