〔AutoCAD〕45. グループ

〔AutoCAD〕45. グループ

【グループとは】

グループはまったく別の画層や色のオブジェクトを1つのグループにまとめて編集できます。画層が同じであれば表示・非表示が使えますし、色が同じならクイック選択で簡単に選択することができますね。しかし、線分・円・Red・Yellow・画層1・画層2といったオブジェクトプロパティがそれぞれ異なるオブジェクトの場合は、グループ化すると移動や複写、回転などをするときに便利です。

「作業用の一時的なグループを作る」と思ってもらえばいいと思います。

グループ内のオブジェクトを1つ選択すると、グループ全体が選択されます。

【グループを作成】

グループ化したいオブジェクトを選択します。メニューバーの”ツール”→”グループを作成”をクリック、もしくはコマンド”GROUP”かショートカット”G”で、選択したオブジェクトがグループ化されます。これは名前のないグループで、一番簡単にグループ化する方法になります。名前を付けることも可能ですが、作図で使用するのはほとんどがこの名前のないグループになると思います。

名前を付けたい場合はオプションの「名前(N)」で名前を入力しましょう。

【グループ解除】

作成したグループを解除するときは、グループを選択してメニューバーの”ツール”→”グループを解除”をクリック、もしくはコマンド”UNGROUP”です。

【グループされたオブジェクトを編集】

グループされたオブジェクトは選択すると全体が選択されてしまいます。グループ内のオブジェクトを編集する場合は解除してもかまいませんが、またグループを作成するのがめんどうな場合は、コマンド”PICKSTYLE”の「グループ選択オン/オフ」で、グループ機能のオン・オフがきりかわりオブジェクトの編集をすることが可能になり

ます。

【グループのコピー】

複数のオブジェクトをグループ化して、それを「Ctrl+C」でコピーして「Ctrl+V」で貼り付けするとグループの機能は消えてしまいます。しかし複写コマンド”COPY”ならグループ化は保たれたまま複写することが可能です。

「Ctrl+C」はWindowsのショートカットキーで、クリップボードに保存されてそれを貼り付けしています。クリップボードにはグループの機能はないので、貼り付けしたときにバラバラになってしまいます。

もし、別ファイルの図面に貼り付けしたい場合はブロックにしましょう。またコマンド”PASTEBLOCK”を利用すると、クリップボードにコピーされたオブジェクトがブロックになって貼り付けすることが可能です。ショートカットで作業する場合は、「Ctrl+ C」でコピーして、「Ctrl+Shift+ V」で簡単にできます。

*
*
* (公開されません)

CADの人気記事一覧

キャドの話題記事