〔AutoCAD〕4.元に戻す・やり直しとコマンドウィンドウ

〔AutoCAD〕4.元に戻す・やり直しとコマンドウィンドウ

【元に戻す・やり直し】

元に戻す

間違えて図形を削除してしまった時や、移動した図形を元に戻したい時は”元に戻す”ボタンを使用します。

メニューバーの”編集”→”元に戻す”で1つ前に戻ります。ある程度まで戻す事が可能ですが、上限がありますのでこまめに上書き保存はしておきましょう。

また、”Ctrl”+”z”キーでも元に戻す事ができますので、作図スピードを上げたい方はこちらをおすすめします。

また線分や後に出てくるポリライン、コピーなどのコマンドでも間違えた場合、この”Ctrl”+”z”キーは活躍します。

やり直し

“元に戻す”で戻しすぎた場合はこの”やり直し”で戻ることができます。

また”元に戻す”・ ”やり直し”は図のボタンでもできます。

間にある▽ボタンは履歴がリストになって表示されます。

【コマンドウィンドウ】

図のコマンドウィンドウは何か操作をするとメッセージが表示され、オプションや作図補助の情報も表示されます。コマンドウィンドウを見ながら操作をする習慣をつけておくことをおすすめします。

また、コマンドウィンドウにキーボードで直接入力して”Enter”キーを押すことでコマンドが実行されます。

例えば線の場合は”LINE”、もしくは”L”

複写の場合は”COPY” 、もしくは”CO”

移動の場合は”MOVE” 、もしくは”M”といったように

よく使う基本コマンドは省略して入力できる「コマンドのエイリアス」というものもあります。

よく使う基本操作はコマンドのエイリアスで入力し、たまにしか使わないコマンドは画面のコマンドボタンやメニューバーを使用する、といったように使い分けると作図スピードもアップします。AutoCADがはじめての方は慣れるまではコマンドボタンが分かりやすいかもしれませんが、いずれは基本操作はキーボードでコマンド入力できるようになることを目指しましょう。

「右手はマウス、左手はキーボード」が基本です。

コマンドをキャンセルする

“Esc”(エスケープ)キーで実行中のコマンドをキャンセルしたい時や、まちがえたコマンドを入力した時にキャンセルできます。

“Esc”キーを2回押すとどのような状態でも、コマンドウィンドウに「コマンド: *キャンセル*」と表示され何もコマンドされていない状態に戻ります。思うように操作ができない時などは、一度この“Esc”キーでリセットして、もう一度コマンド入力からやってみて下さい。

*
*
* (公開されません)