建築デザイン業界でノートPCを選ぶ時は MAC BOOK PROをすすめる理由

建築デザイン業界でノートPCを選ぶ時は MAC BOOK PROをすすめる理由

何故MACなのか?

WINDOWSもMACも当然、高スペックなモデルもあれば低スペックなモデルもあります。これは価格の問題なので、高額なモデルを購入すればWINDOWSでもMACでも高性能なモデルは手に入りますし、よく起動が早いと言われるMACですが、SSDを搭載したWINDOWSであればMACと同じように起動も早いです。
では何故、MACをお勧めするのかと申しますと…
実施設計を行う図面や確認申請の為だけのアナログな図面を描くのであれば、CADとエクセルが動けば十分に仕事に対応できるので、それほど高スペックなPCも必要ありませんし、どちらでもあまり変わらないような作業ができると思います。
しかし、建築デザイナーとなるとクライアントにプレゼンする事がメインの仕事と言っても過言ではありません。3DCADを使用して作った外観パースの色をフォトショップで加工し、それをイラストレータに乗せてレイアウトするといった事も必要になります。
実務上ではクライアントにPCの画面を見せて色を確認してもらう場面も出てくる事でしょう。
つまり建築デザインとなると、正確な色を再現する事が可能で、かつ重いソフトがサクサク動くような高スペックのPCが必要になる訳です。
MAC OSにはCOLOR SYNC というカラーマネジメントシステムの機能がOSの一部として備わっています。これがあるためにMACはWINDOWSよりも色再現に優れているのです。
建築デザイナーに必要な高いスペックと正確な色再現の両方を兼ね備えているのがMAC BOOK PROなのです。

MACでWINが使える?!

しかし、今までWINDOWSを使用してきた人の中には、慣れたソフトが使えなくなると不安になる人もいるかもしれません。
JWCADやAUTOCADベクターワークスなど大抵のメジャーなCADソフトはMACにも対応していますが、やはりWINDOWSでしか使えないソフトもあります。
しかし、大丈夫です。WINDOWSでMAC OSを動かす事はできませんが、実はMACでWINDOWのOSを動かす事はできるんです。それがBOOT CAMPです。
BOOT CAMPは MAC のストレージに、WINDOWS OS をインストールすることができる仕組みです。 BOOT CAMP 自体は無料で提供されています。 WINDOWSのOS だけを購入すればMACでWINDOWSを使用する事も可能です。

MACが持つブランドイメージ

先にも言ったように、自分の設計した建物をクライアントにプレゼンをするのがデザイナーのメインの仕事であるので、クライアントがデザイナーに対して抱くイメージというのも自分のプランに説得力を持たせるのには大切な要素になってくると思います。
その時に、APPLEという会社に大抵の一般人が抱くブランドイメージ、『先進的』『スマート』『おしゃれ』などは、それを使うデザイナーのイメージにも必ずプラスに作用してくれると思います。
バッグからサッと、シンプルなリンゴのマークの付いたシルバーのマシンを取り出し、ネットにアクセスする姿は、先進的な建物を設計する建築デザイナーにはピッタリです。
実際の導入には、CADデータのやり取りする際のデータ変換の問題や、周辺機器との互換性の問題などもでてくるとは思いますが、建築デザイナーを仕事とする皆さんは、PCの買い替えの際はAPPLEのコンピューターを検討してみてはどうでしょうか?一考の価値は十分あると思います。

*
*
* (公開されません)

CADの人気記事一覧

キャドの話題記事