CAD未経験でも機械設計者になる方法

CAD未経験でも機械設計者になる方法

機械や建築の業界においてCADの存在は当たり前の時代となり簡単な操作であれば事務員にすら求められることがあるほどソフトの導入は進んでいます。おかげで機械設計者などは設計に専念できる時間も確保できるようになり、仕事を効率よく進められるようになりました。しかしこのような背景のもとCADオペレーターが増えることで、CADの操作が出来るだけでは仕事を受け取ることが難しくなってきました。そこでCADオペレーターであっても機械設計の知識を持つことが重要となり、CADのみならず機械の知識も得られるような講座も数多く出てきました。

CADを効率的に学ぶ方法

CADや製図の経験がなくてもそれほど悲観することはありません。特にCADの操作に関しては独学でも習得は可能です。WEB上にも操作方法を解説しているページは数多くあります。しかし、CADやそれに関連する機械設計まで学ぼうとするのであれば講座を受けることが効率的に技能や知識を身につける方法となります。実務経験のある講師から生の声を聞くことができ、質問などもしやすく問題解決までの時間が短くて済みます。

単発で申し込む講座

講座にも種類があり、ある特定のテーマに沿って講義を進める各回単発の講座もあります。都市部であれば貸しオフィスなどで頻繁に開催されており積極的に参加することで気になるポイントのみを重点的に学ぶことが可能です。すでにCADや機械に関する知識を持っている人ならこのような形式の講座も探してみると良いでしょう。また、入門者向けのものも開催されることがあり、一回だけなら費用もさほどかからないので気軽に参加できるのもメリットです。

自宅で受ける講座

在宅で学習を進めるのであれば専用の学習サイトに登録するか動画を視聴することで受けられる講座もあります。時間や空間的な自由さはあるもののやや一方的な情報伝達となるのである程度の自己解決能力は求められることになります。

通学して受ける講座

上記の方法に比べて通学して学習する場合CADの操作だけでなく機械設計に係る周辺知識まで幅広く学ぶ時間を設けることができます。費用的なデメリットはありますが、本格的に機械設計者を目指す場合には考えてみる価値は十分にあります。カリキュラムはそれぞれに違いはありますが、基本的な流れとしては機械製図やCADの基本知識を一通り学んだ後、2次元CADから入って実際に図面作成や応用技術の習得、そして3次元CADでより実践的な製品設計への活用法を学んでいくことになります。もう少し踏み込んだ内容だと、CADのオペレートに加えて機械の仕様作成からCADによる検証まで仕事として一連のプロセスを経験することもできるでしょう。就職に向けてメカトロに関する基本知識にも触れ、自動機設計や装置設計に必要な技能を習得することですぐに働ける人材への育成までしてくれる講座もあります。

未経験者でもCADや機械設計を学んで即戦力を目指せる

特に、通学して講座を受けることで、濃密な時間を過ごし未経験であってもできるだけ早く戦力になれるようなスキルを身につけることが可能です。関連する機械工学まで学ぼうとするのであればこうした学習方法がおすすめです。