CADオペレーターの年収と雇用形態の関係

CADオペレーターの年収と雇用形態の関係

CADの登場によって建築関係、特に設計図面をよく扱う業界では爆発的に作業効率を高めることができました。CADソフトの多様化も進み電機や機械設計、この他多くのデザイン関連の図面など、状況に合ったソフトが開発されてきました。その結果CADオペレーターの求人数は増加、それに伴いオペレーターも増えています。CADの操作ができれば仕事をすることも可能ですが、年収がどれほどなのか気になるところだと思います。

CADオペレーターの平均年収だけで将来性は計れない

実は「平均年収」となってしまうとCADオペレーターの収入はそれほど高いものとは言えません。約300万円から400万円が相場と言われています。しかしこの数字はあくまで平均値でありこの金額よりはるかに高い年収を得ている人も多くいます。逆にCADオペレーターと言っても実務の多くは事務作業といったことがよくあります。また、CADを主に触っていても単純な工程のみをひたすら繰り返すような仕事もあります。もちろんそれぞれ重要な役割としてその仕事をまっとうすることになりますが、比較的簡単な仕事の場合アルバイトとして採用することが多いです。そうすると正社員と比べて年収は低くなってしまいます。このようにCADの活躍の場が広がることで働き方にも多様性が見られるようになりました。そして高度なスキルを必要としないオペレーターも多く求められるようになることでCADオペレーター全体の平均年収にも影響が出てきています。CADによる図面作成のみならず設計そのものの知識を持った技術者がCADオペレーターとして働く場合の年収はより高いものになります。

独立することで年収アップも可能

高い質を提供できるような高度なスキルと知識を持った人でも会社によっては給料として反映されないこともあります。会社の業績が悪い場合や正しい評価をしてくれていない場合などパターンはいくつか考えられます。雇用される立場としてはそのような状況になり得るということも理解しておく必要があります。しかし雇われの身から独立すれば仕事内容に見合った報酬が交渉次第で得られるようになります。パソコンさえあればクライアントの元へ直接出向く必要もありません。電話やメール等で済ませられる場合には在宅で仕事をする生活もできるでしょう。しかしこの場合スキルがあってもうまくアピールし仕事を受け取ることができなければ年収アップには繋がりません。会社員として働くのと比べて年収は不安定になってしまうというデメリットもあります。

ダブルワークで年収を上げる

CADオペレーターのように専門的な仕事内容であってもアルバイトでの採用だと時給換算となり、それだけで高い年収を得ることは難しいです。しかし本職を別に構え、CADオペレーターとしてダブルワークをすれば両方の収入を合わせて全体として年収を上げることは可能です。この場合体力的にも時間的にも不可能なケースがあります。本職との時間がバッティングしてしまうとどうしてもアルバイトすることはできません。ここでフリーランスの良さが活かせられます。独立することで納期さえ守れば自由な時間で仕事を進められます。CADオペレーターに限りませんが、こうして柔軟な働き方をすることで年収を上げることは可能となります。