JWのCADの使い方

JWのCADの使い方

JWのCADの使い方についてご紹介します。

JW-CADと他のCADとの相違点

JW-CADと他のCADの使い方などを比べて大きく違うのは、マウスでの操作方法です。マウスの左右ボタンをドラッグしての画面表示が異なります。左右ボタンを押して右下にドラッグすることで拡大することができます。また、左上に移動すれば縮小できます。右上にドラッグすると、全体表示することができて、左下は、前倍率表示することができます。図面を書いていて、どこを書いているのかわからなくなった場合は、左右のボタンを押して右上にドラッグすることで全体図が表示できます。左右のボタンを押して右下にドラッグすることで選択した部分が拡大されます。JW-CADでは、両方のボタンを押してマウスを移動することで、カーソル付近に拡大、縮小、全体、前倍率の文字が出現します。このような文字を確認して操作することで、行いたいことを的確に行うことが可能です。

「ホイールマウスの使用、「画面表示の記憶」

基本設定について、項目ごとに説明します。

・「ホイールマウスの使用」

ホイールマウスで両面のアップダウンが可能です。設定から基本設定の一般の右下のマウスホイール+-にチェックを入れることで両面のアップダウンを行うことができます。他のCADの使用に慣れている人は、このような方法で画面のアップダウンをすることで違和感なくJW-CADを使用することが可能です。

・「画面表示の記憶」

特定の画面において、画面を4個記憶することができます。両方のボタンを押して3時、6時、9時、12時の方向に移動することで記憶画面に移動可能です。

直線の書き方

直線を描くには、ツールバーの中からボタンを選び選択します。または、メニューバーの作図から、線を選択しても可能です。任意の場所でクリックして、次の場所をクリックすることで直線を描くことができます。その際に、左クリックでは任意の場所になってしまうため、端点や交点などのポイントをキャッチするようにしてください。

「V」という文字を直線で描く場合は、任意の場所で左クリックします。右下の直線の終点を左クリックし、それから前に書いた線の終点を左クリックします。そして、右上の任意の場所を左クリックします。このような方法により、「V」という形ができます。しかし、拡大すると交点が交わっていなかったり、変な形になっている場合もあります。そのような場合は、右クリックして直線の端を選択し交点を綺麗に処理します。こおでポイントとなるのは、右クリックと左クリックの使い方を覚えるということです。

*
*
* (公開されません)