JWCADのアプリ版はOSによって異なる

JWCADのアプリ版はOSによって異なる

JWCADはAutoCADなどと並んで非常に人気のあるCADソフトの一つです。無料から始められるため初めて触ったCADがJWCADだという人も多いです。JWCADを愛用してきたという人であれば特にCADアプリもJWCADのものにしたいと考えることでしょう。アプリでCADが操作できるということは非常に嬉しいことですが、スマホの機種によって使えるアプリが違ってきます。さらにアプリ内でできることも限られているので注意が必要です。

モバイルデバイスでJWCADを使いたい

オフィスに縛られることなく、あらゆる状況でCADソフトが使用できれば自宅や移動中でさえも作業が可能になり、より自由な生活が送れるようになります。その第一歩としてノートパソコンを使うことが有効的です。しかしさらに多様な環境に対応するためにはさらに軽量でコンパクトなタブレットやスマホなどで操作ができると便利です。JWCADなどのCADソフトでファイルを作成した場合、データ形式の都合などによりあらゆるデバイスでそのファイルを開けるとは限りません。そのためPDFなど、別のデータ形式に変換する必要があり、そうすることでなんとか閲覧することができます。しかし毎回このような作業をしていては時間もかかってしまい面倒です。ここでモバイルデバイスでも図面が見られるよう専用のアプリが登場してきました。アプリを介して図面を閲覧することができ、特別な処置の必要なくデータ共有ができます。

OSによって異なるアプリ

JWCADを操作できるアプリには「JwwViewer」と「TouchJW v2」があります。androidの場合「JwwViewer」、iOSの場合には「TouchJW v2」を使うことになります。アプリ名もそのまま「JWCAD」とはなっていないので対応するアプリを間違えないようにしましょう。

どちらもデータ閲覧が目的

残念ながらアプリでできることには限りがあります。通常のJWCADに比べるとできることはとても限定的で、スマホさえあれば一連の仕事ができるとまではいきません。android版であってもiOS版であってもこのことに違いはありません。しかもどちらも作成した図面を表示するのが目的であり、編集などの操作はできません。製図の続きをしたいような場合や間違いを修正しようとしたときにはノートパソコンを開く必要があるでしょう。

編集もしたい場合には別のアプリも視野に

CADのアプリはJWCADに関連する上記の2つだけではありません。AutoCADであれば専用のアプリもあります。その他色んなアプリが配信されています。有料のものから無料のものまで様々です。JwwViewerやTouchJW v2はこうしたCADアプリの中でも機能は最小限です。他のアプリであれば新規に図面を作成することや編集などができるものもあります。基本的にスマホで図面作成まで行うことはないので図面の表示ができるだけでも十分と言えますが、もし多機能なアプリが欲しければ別のアプリを使ってみるのも良いかもしれません。無料のものをいくつかダウンロードしてみて実際に操作してから決めるのも良いでしょう。

アプリを選ぶときの注意

アプリの種類も豊富ですが選び方には注意しましょう。第一に、使用しているCADソフトとの互換性を確認する必要があります。大元となるソフトで作ったデータがアプリで開くことができなければ意味がありません。この他重要なことに、日本語対応しているかどうか、そして自分に合った操作のものを選ぶことが大切です。