〔AutoCAD〕オブジェクトの情報を操作できる「オブジェクトプロパティ管理」

〔AutoCAD〕オブジェクトの情報を操作できる「オブジェクトプロパティ管理」

AutoCADで作成したオブジェクトは、線種、色、大きさ、種類、画層、大きさ、位置など様々な情報を持っています。この様々な情報を「プロパティ」と呼びます。コマンドを使用しオブジェクトを操作することは、プロパティを操作しているのと同じことです。このプロパティを表示し、そこから編集することができるのが「オブジェクトプロパティ管理」です。その表示の仕方、操作の方法を紹介します。

オブジェクトプロパティ管理コマンドの操作方法

「オブジェクトプロパティ管理」コマンドの実行方法は3種類あります。
1.「表示」タブ→「パレット」→「オブジェクトプロパティ管理」
2.メニュー→「修正」→「オブジェクトプロパティ管理」
3.キー入力で「Ctrl+1またはpropertiesもしくはpr」

プロパティパネルの呼び出し

「オブジェクトプロパティ管理」コマンドを実行すると、「プロパティパネル」が表示されます。最上部の「オブジェクトタイプ」欄にオブジェクトの種類が表示され、その下にはオブジェクトのプロパティが並んでいます。オブジェクトを何も選択していないときには、「何も選択されていません」と、現在の設定が表示されます。

プロパティの編集方法

「オブジェクトプロパティ管理」コマンドを実行し、「プロパティパネル」を表示した状態でオブジェクトを選択すると、そのオブジェクトの名称とプロパティが表示されます。パネル内の各項目をクリックすると、直接数値を入力できたり、ドロップダウンリストを使用してプロパティの編集を行うことが可能です。
ポリラインで作成されたオブジェクトのプロパティ編集について説明します。
ポリラインを選択すると、ポリラインと名称が表示され、その下には画層や線種の情報や、座標や線種の幅、面積なども表示されています。ポリラインが閉じているオブジェクトかどうかもはい、いいえという表示で確認できます。
ポリラインを強調したい場合は、「グローバル幅」に数値を入力し幅を持たせることができます。初期設定では0と入っていますので、任意の数値を入力してください。

複数オブジェクトの一括編集方法

プロパティパネルは、複数のオブジェクトやいくつもある同じ種類のオブジェクトを一括で編集することができます。
様々な種類の複数のオブジェクトを選択した場合、プロパティパネルのオブジェクトタイプ欄には「すべて」と表示されます。()内に表示されている数値は選択したオブジェクトの数量です。この時、プロパティの項目には、すべてのオブジェクトに共通するプロパティのみ表示され、異なっている項目は「*各種*」となっています。この項目を編集すると、選択したすべてのオブジェクトに反映されます。
例えば、全ての線種を同じ線種や色、太さに統一したい時、一つ一つ修正する手間が省けるため作業効率がアップします。「すべて」と表示されている右側にプルダウンがあり、そこからオブジェクトの種類を選択することができます。一つのオブジェクトを選択した場合、そのオブジェクトの種類内のみ編集することが可能です。一部分だけ表現を変えたい場合は、まずはじめに基本の設定に合わせてから、ピンポイントで項目を変更するのも良いでしょう。