[AutoCAD]180度以上の角度寸法を記入したい場合の操作方法

[AutoCAD]180度以上の角度寸法を記入したい場合の操作方法

角度寸法を追加したい時、180度以下は、2つの線をクリックすることで、簡単に角度寸法を追加することができます。しかし、180度以上の角度寸法を記入したい場面もあると思いますが、同じように、2線をクリックしても180度以上の角度寸法は表現できません。180度以上の角度寸法を表現したい場合の操作方法を説明します。

角度寸法コマンドの実行方法

まずは、「角度寸法記入」コマンドを実行します。
「角度寸法記入」コマンドの、実行方法は以下の通りです。
1.「注釈」タブ→「寸法記入」下のドロップリスト→「角度寸法」
2.メニュー「寸法」→「角度寸法」
3.キー入力「DIMANGULARもしくはDIMANG」

180度以上の角度寸法記入の操作方法

はじめに、円弧もしくは線分を選択しましょう。
上記の方法でコマンドを実行すると、「円弧、円、線分を選択  または <頂点を指定>:」このように表示されます。ここで円弧や線を選択した場合、180度以下の寸法しか表現できないことが確認できるでしょう。なので、ここでは円弧や線分を選択せずに、「Enter」を押す、もしくは右クリックで次に進みます。
「Enter」を押す、もしくは右クリックで決定をすると、「角度の頂点を指定:」と表示されます。ここで、まずは角度寸法の頂点となる位置をマウスクリックにより選択します。この点は、角度寸法を作成する上で、とても重要になるため、確実な位置を選択しましょう。
例えば、二つの線分が一点で交わっている場合、その交わっている位置がここで選ぶ点となります。
次に、角度の点を指定します。頂点を選択した後、「頂点からの角度の1点目:」と表示されています。ここでまた、マウスクリックで一点目を指定します。
一点目を指定すると、次に二点目を指定する画面となります。「頂点からの角度の2点目:」と表示されます。ここで、一点目と同じく二点目をマウスクリックにより画面上で指定します。
先ほどと同じ例で説明すると、二つの線分が一点で交わっている場合、頂点として交わっている位置を選びましたが、今回は交わっていない位置以外、線分上の任意の位置を選びましょう。
最後に、寸法線の位置を指定します。二点目を指定すると、「円弧寸法線の位置を指定 または  [マルチ テキスト(M)/寸法値(T)/寸法値角度(A)]:」と表示されます。ここで、寸法線を記入したい点を画面上でマウスクリックにより指定しましょう。選択した中心点と角度二点に対して、マウスクリックで決定する前に、どちら側かにカーソルを移動することで、片側には180度以下、もう片側には180以上の角度寸法の仮表示が現れます。180以上の角度寸法が現れたら、好きな大きさになる任意の位置でクリックすると、180以上の角度寸法の完成となります。

いかがでしたでしょうか。180度以上の角度寸法を作成するには、少し手間がかかりますが、作成することはできるということがおわかりいただけたと思います。今まで、作図方法がわからずあきらめていた方や、今後AutoCADを使用し作図する予定の初心者の方も覚えて活用していきましょう。