CADの製図やトレース技術を活かして活躍できる仕事

CADの製図やトレース技術を活かして活躍できる仕事

これからCADを使った仕事に就こうと考えている方は少なくはないと思います。実際どうすれば、CADを用いた仕事に就けるのかが分からないという方も多いかと思います。

企業で活躍する

現在企業がその方のスキルを客観的に判断できる資格認定制度がCADにもあり、その中でも日本最大のCAD資格受験者を誇るのが、CSAJが主催するCAD利用技術者試験です。
仕事に就くためには資格は必要ありませんが、実技試験もあるCAD利用技術者の1級に合格していれば、就職、転職や昇格、昇給に俄然有利です。1級の試験を受験するには2級に合格していなければなりませんが、就学・就業経験の年数はあくまでも目安であり、能力があれば合格できる認定制度となっています。

実際にCAD関連の仕事を探す

では実際にCADを使ってどのように仕事にアプローチしていけばいいのでしょうか。まずは設計事務所などで基礎を学び経験を積み、設計、製図の知識を身につけること。ある程度の知識や経験を得たうえで、開業なども検討できると思いますが、やはり一度設計事務所などで勤務したうえで必要な情報や、業界へ名前を売り込む第一歩地盤固めとしても、会社に属したうえでステップアップするのがより一般的で堅実な進み方だと考えられます。
近年では、企業がCADに係る業務を外部委託することが多くなり、求人広告で募集されているCADオペレーターの仕事とは主に手書きの図面をCADソフトにトレース(複写)する仕事になります。
つまり今、CAD技術者は需要に供給が足りていない状況であり、建設業界だけでなく、機械、自動車、航空など様々な業界で必要とされている職業なのです。

3DCADの需要

現在CADを用いる企業の多くが3次元CADを用いているのが現状のようですので、今後は3次元CADを用いたお仕事が更に増えると予想されています。 3次元CADを扱う際には、行う作業別に専門知識が多数必要になるため、一般的に広く知られている知識だけでは作業を行うには知識的に不足してしまうことが多々あるようです。
ただし、CADは独学で学ぶことは可能ですし、インターネットの環境さえ整っているのであれば様々なサイトで問題を解決してくれたり、詳しい解説を行っているサイトも数多くあります。それらを上手に活用していけば、確実にスキルアップに繋がり、自分にあったCADの仕事に就くことができるのではないでしょうか。

CADを使った仕事は様々ですが、在宅やSOHOといった自分にあった仕事の形を選ぶことが十分に可能である事はCADに関する仕事の魅力とも言えるでしょう。

*
*
* (公開されません)