〔AutoCAD〕「単位」と「精度」をきちんと設定し正確な図面を描く

〔AutoCAD〕「単位」と「精度」をきちんと設定し正確な図面を描く

AutoCADは日本だけではなく、世界中で使われている、国際的なシェアを持つCADです。そのため、メートル単位での図面ではなく、設定を変更し、インチ/フィート単位系でも作図することができるようになっています。また、AutoCADは様々な分野で使われているCADですので、描くものによっては、小数点以下の桁が多く必要な場合もあります。その精度の設定も可能です。寸法などが正確ではないと、図面作成中の致命的なミスとなり、完成品に影響が出てしまうため非常に注意したい点です。図面を新規作成するときには、必ずチェックするのが望ましいでしょう。ここではその「単位」と「精度」について説明していきます。

 単位と制度の設定の仕方について

単位系や制度の設定方法は、「単位管理」コマンドで表示される「単位管理」ダイアログボックスで設定します。
「単位管理」コマンドを実行する3つの方法
1.「ツール」タブ→「画面ユーティリティ」→「単位管理」
2.メニュー→「形式」→「単位管理」
3.キー入力で「units」

AutoCADの初期設定では、単位はミリメートル、長さは十進表記、精度は小数点以下4桁、角度は度(十進表記)となっています。精度は小数点以下なしです。これらの設定を、ドロップダウンで変更することができます。
ここで設定する精度とは、あくまでも表示される精度となっています。実際のデータの精度とは違う精度となっているため、表示される精度を粗くしたとしても、データの精度に影響は出ません。
角度の精度に関しては、小数点以下まで表示する設定にしておく方が良いです。
寸法記入で小数点以下の数字を表示させたい場合、「単位管理」コマンドを実行しても、寸法値の桁数は、コントロールできないため注意しましょう。寸法値の精度については、「寸法スタイル管理(キー入力でdimstyle)」コマンドを実行し設定するか、それぞれの寸法オブジェクトのオブジェクトプロパティで、寸法の精度を設定します。

線種ファイルを選択する時に注意すること

AutoCADでは、使用する線種を既定の線種ファイルからロード(読み込み)して設定します。その設定ファイルには、メートル単位系とインチ・フィート単位系の異種類のファイルが存在しています。線種をロードするときに、間違って違う単位系の線種ファイルからロードした場合、図面によって線種のピッチが異なってしますので気をつけましょう。

新規図面を作成するときに気をつけたい設定

AutoCADで新規図面を作成する場合、図面テンプレートファイルを開くための「テンプレートを選択」ダイアログボックスが表示されます。その時に、通常既定で選択されている「acadltiso.dwt」ではなく、「acadlt.dwt」を選択してしまうと、インチ・フィート単位系で新規図面を作成してしまうので気をつけましょう。もし、間違って、「acadlt.dwt」で図面を新規作成してしまっても、「単位管理」コマンドを使うことによって、設定の変更と適切な線種ファイルをロードすることによって、メートル単位系で作業を進めることが可能です。