CADで作成した図面をイラストとして見せる方法

CADで作成した図面をイラストとして見せる方法

CADはこれまで設計図の作成などを専門に行うソフトとして使用されてきました。しかしただの図面としてではなくイラストとして、つまり視覚的に誰が見ても分かりやすくイメージのしやすいものにしたいこともあります。これにはイラストレーターというソフトを使うことで実現できます。

似た性質を持った2つのソフト

かつてはほとんどの作業が人間の手を使って進められてきました。それがソフトの開発によって効率化が進み、ますます一人でできる範囲が広がってきています。色んな分野でツールが開発されており、その分野に関する知識だけでなくツールを使いこなすことが働くうえで重要なスキルとなっています。現代では一つの専門性に加えて他分野との複合によってさらなる効率化や質の高い成果物が求められるようになっています。CADとイラストレーターは互いに共通点も多いソフトですが特化しているポイントは異なります。どちらも「描く」ことを目的にしているという点では同じです。しかし何をどのように描くのかといった点が異なります。CADでは設計図、イラストレーターではデザイン性を求めたイラスト全般となります。この両者の良いとこ取りをすることで設計図をイラスト化し見栄えを変えることができるようになります。

段階に応じてデータを移動する

図面もイラストも言葉としては同じ意味を指すことがありますが、ここでは線で描かれたシンプルな設計図面をカラーや遠近法などを使い視覚的に理解しやすいものにするという意味でイラスト化する方法を説明します。設計図の段階ではCADを使用します。その後美しく加工していくためイラストレーターで作業していきますが、そのためにはCADで作成した図面のデータを移動しなくてはなりません。CADとイラストレーターが多く使われる理由の一つはそれぞれに互換性があることが関係します。それぞれが優秀なツールであっても組み合わせて使うことができなければ導入しにくいです。使用している企業も多いソフトを例に挙げるとAutoCADで作成したデータはDWGの形式になります。イラストレーターではCADで作成されるデータ形式に対応しておりDWGでも読み取ることができます。拡張子が異なる場合データが破損してしまう危険がありますが、イラストレーターではこのような心配も必要ありません。

イラスト化することの意味

データの移動ができればイラストレーターで加工していきます。誰かに説明をする場合やアピールするような場面、例えばプレゼンテーションの場ではできるだけ分かりやすく情報を伝えることが大切です。設計図としての活用ではなくイメージ図として表現したいときにはこうして図面の性質を変える必要性も出てきます。

イラストレーターを活用しCADデータを加工する

イラストとして図面を完成させるにはCADだけで完結させるのではなく、イラストレーターという別のソフトを使うことで表現力が高まります。別のツールを学ぶという労力は出てきますが柔軟に作業を行うことが重要です。実際には加工すると言ってもCADであらかじめデータの修正を施すことや保存の仕方、そしてイラストレーター側でも色の塗り方など注意点は多く存在し簡単な作業ではありません。こうした技術を身につける努力は欠かせられないでしょう。