CADで副業も可能?実際にはどんなことができるの?

CADで副業も可能?実際にはどんなことができるの?

CADは建築業界だけでなく、住宅メーカー、不動産、アパレル、医療など様々な分野で使われています。その分、覚えれば様々な分野で活躍できる可能性が広がるということになります。

就職や副業フリーランスで働くには?

CADは覚えれば簡単ですが、専門知識だけでなく実務経験なども求められることが多いものです。特に初心者から勉強を始めて就職やフリーランスを目指す場合、一番間口が広いのは建築も分野でしょう。
設計事務所やハウスメーカー、不動産など多くの企業がCADができる人材を求めているだけでなく、外注にトレースの作成を依頼することも多くあります。
そんな時には、CADの経験があるか、知識をしっかり持っているか、信頼できる資格を持っているかが重要になってきます。

就職して仕事をする場合

どこかの企業に就職してCADの仕事をする場合、一番多いのはCADオペレーターの仕事です。
CADオペレーターはシステムエンジニアなどと同様、取引先の企業に出向して仕事を行うことが多くあります。
そのため、時間的に余裕があり残業も少ない企業であればライフワークバランスを重視した働き方が可能ですが、どの企業に派遣されるのか、派遣先の就労状況がどのようになっているのか不透明なことが多くあります。出向先がいつ変わるかもわからないため、生活のみとおしが立てにくくなることも多くあります。

フリーランスで仕事をする場合

フリーランスで仕事をする場合、住宅メーカーや設計事務所、建築会社などの外注として仕事を請け負う方法です。また、地域によっては自治体の行っているSOHO事業などにCADトレース作図の仕事の依頼がある場合もあります。
SOHOとは自治体の行っているフリーランス向けの仕事あっせん事業のことで、small office home officeの略です。
建築会社や設計事務所などは個人営業をしているところも多いため、このようなサービスを利用しているところも多くあります。
フリーランスの場合は就職する場合と比べて、どちらかというと副業的な色が強くなります。
最初からフリーランスのみで生計を立てることは難しいので、まずは資格などを取得したら仕事紹介のサービスなどを介して経験をつみ、仕事の幅を増やしましょう。
独立して専業でやっていく場合は、まずは副業から始めて徐々に仕事の増やしていくのが理想でしょう。

どのようなものを活用するといい?

副業で仕事の始めるにしても、まずは窓口となる仕事の紹介先が必要です。

・クラウドで働く

・自治体などの事業を活用する

・外注登録などのサービスを活用する

おもにこの3つの柱で探していくといいでしょう。

最後の外注登録に関しては、建築スクールや通信教育講座などで生徒特典として展開しているところもあります。CADの勉強を始める場合には、そのような登録サービスがあるかどうかを重視することも大切です。

*
*
* (公開されません)

CADの人気記事一覧

キャドの話題記事