アパレル業界のCAD資格

アパレル業界のCAD資格

アパレル業界のCADオペレーター

建築、土木、機械、電気 設計業界では欠かせないCADですが、アパレル業界でも使用しているようです。異色な気もしますが、この業界でもCADは必需品のようです。アパレル業界では「CADオペレーター」ではなく「パタンナー」と呼ばれ、デザイナーが作ったデザインを基にデータを入力し型紙を起こす仕事や、「グレーダー」と呼ばれる同じデザインのものをサイズ展開するため、標準サイズのパターンを元にしてサイズ別・号数別のパターンをアパレルCADを使って作成する仕事、また「マーカー」と呼ばれる生地に型紙を効率的にレイアウトをする作業(生地を裁断する前に行う工程)この作業を専門的に行う仕事があり、それぞれの仕事でCADが使われているようです。ソフトにはアパレル業界専用のものが販売されており、最近はアパレル専用のフリーのCADソフトも販売されているようです。

アパレル業界のCAD系の資格検定の種類

アパレル業界のCADの資格にはどんなものがあるのでしょうか?資格試験は就職のためだけではなく、スキルを付ける為にも有効なので自分の目指すキャリアにあったものを選びましょう。

CAD利用技術者検定

一般社団法人コンピュータ教育振興協会が主催する民間資格です。CAD利用技術者試験は、平成2年10月の創設以来25年間、現在までに延べ56万人を超える総受験者と、19万人を超える合格者を排出した実績のある資格試験です。試験は、「2次元CAD利用技術者」「3次元CAD利用技術者」の2種類あり、それぞれレベルが設けられています。1級と2級があるようです。アパレル業界だけの資格という訳ではなく、(機械)(建築)(トレース)と分かれており、アパレル業界に対応しているのは(トレース)になっているようです。製造業全般での高い需要がある資格です。実技試験と筆記試験があり、それぞれ五割以上の得点と両方で7割以上の得点が合格基準となっているようです。スキルがある事を証明するために持っていても就職で役にたつし、勉強する事で実際に実務で使えるスキルを身につける事も可能な資格であるといえるでしょう。

アパレルCAD検定

学校法人 天下茶屋学園 大阪ファッションアート専門学校内 日本パタンナー協会設立準備室で運営されている民間資格、就職や転職に役立つ検定を目指しているようです。試験の内容は基礎編と応用編の2つに分かれており、それぞれ筆記試験と実技試験があります。CADソフトには国内シェア75パーセント以上のクレアコンポを使用。

東レアパレルCAD検定試験

「正確性と経済性」 をテーマに、クレアコンポに関する全般的な知識を習得し、効率よく操作できる技術力を向上させる目的で実施されている、東レACS株式会社が主催する民間資格です。「パタンナー編」「グレーダー編」「マーカー編」とわかれており、それぞれに筆記試験と実技試験があります。受験資格は特に無く、誰でも受験する事が可能。70パーセント以上の合格率があるようです。コース別に実施元から問題集が販売されており、 CD付きで勉強がしやすそうな資格と言えます。CADソフトの販売元でもあるため、より実践的なスキルを習得する事が可能でしょう。客観的な技術レベルを図る事も可能ですが、資格習得を目指す事で日々の実務で実際に使えるスキルを習得するが可能でしょう。

*
*
* (公開されません)