JW-CADで直角四辺形、円、文字を描く方法

JW-CADで直角四辺形、円、文字を描く方法

JW-CADでの直角四辺形と円、文字を描く方法についてご紹介します。

直角四辺形の書き方

長方形を描くには、ツールバーの中から□のボタンを選択します。または、メニューバーの中から作図から長方形を選ぶことで描くことができます。主に、長方形のことを矩形を呼びます。矩形とは、直角という意味になります。つまり、直角四辺形ということになります。長方形を書く際に、□のコマンドを選択することで、チェックマークが付きます。このチェックが付いた状態でいると選択した際に長方形を選択できます。外すと長方形から直線になります。そのため、長方形を描く際などチェックマークを有効活用しましょう。

円の書き方

円を書く場合は、ツールバーの中から○を選択します。選択することで、コントロールバーが出現します。コントロールバーには、「円弧」、「終点半径」、「半径」、「扁平率」、「傾き」、「基点」、「三点円」、「多重円」が出現します。

・「円弧」

ここをチェックすることで円弧を書くことができます。チェックを外すと円の状態になります。円弧を書く場合は、中心点を決めます。そして、大きさを指示します。点が円弧の終点となり始点から左回りになり、円弧の終点を指示します。

・「終点半径」

チェックすることで、円弧の終点位置で半径が決まります。中心位置を指示し終点から終点位置を指示することで終点半径が決まります。

・「半径」

円や円弧を書く際に半径の指示をすることができます。ミリ単位での指示が可能です。

・「扁平率」

これは、楕円を書くことができます。プルダウンメニューにいくつかの数字があり、任意の数字を選択することで書くことができます。その数値が100より小さければ横長の楕円になります。100より大きい場合は、縦長の楕円になります。

・「傾き」

この傾きを指示することで傾けた楕円を書くことができます。プルダウンメニューの他にも任意の角度を指示することができます。

「基点」、「半円」、「三点円」、「多重円」

直角四辺形と円以外にも、CADを操作するうえで重要になる線や図形は多くあります。

・「基点」

円のコマンドにあるときの円の基点は中心です。ここをクリックすることで基点が変更されます。

・「半円」

直径を示す始点と終点を指示した後に、直径のどちらの側に書くか指示します。

・「三点円」

これは、任意の三点を通る円弧を書きます。半径を入力しない場合は、始点から終点、そして円周点の順で指示することで円弧を書くことが可能です。半径を入力している場合は、円を書く方向を指示することで円弧を書くことができます。

・「多重円」

指定された円の内側に同心円を書くことができます。指定された数だけの同心円を書き、プルダウンメニューの他にも任意の数を指定することができます。

*
*
* (公開されません)

CADの人気記事一覧

キャドの話題記事