CADを勉強するには?学習方法についてまとめてみた

CADを勉強するには?学習方法についてまとめてみた

転職や就職、フリーランスの仕事として人気のあるCADを勉強したい人は多くいます。また、企業もCADができる人材を求めているという背景もあります。そのようなことから、CADを勉強することはとてもお得なことといえます。
しかし、どのように学習を始めればいいのでしょうか?
特に初心者から始める場合、何もわからないものです。そのような方に向け、学習方法をご紹介します。

JWをダウンロードして触ってみる

JW-WINは無料でダウンロードできるCADのフリーソフトです。誰でも使うことができますので、まずはCADがどんなものか触ってみるといいかもしれません。
企業によって使っているソフトも様々ですが、機能やデザインなどは似ているものが多いため、CADを触ったことがない人は慣れるという意味でもまずは使ってみましょう。

CADスクールに通う

スクールに通うのも1つの手段です。AutoCADなどは操作が難しいため、独学では無理!という人は活用してみましょう。スクールにもよりますが、受講料は1万円から数万円まで幅が広いです。ただし、教室に通わなくてはならないため、仕事をしながらや、住んでいる場所によっては通うことが難しい場合もあります。
ネットなどで調べてみるといいでしょう。

とにかく自力!独学で勉強する

とにかく自力で勉強したい場合は、独学でも学習可能です。書店などに行けば、AutoCADやJWに関する書籍が多数あります。ものによってはCD教材や、無料でサポートを受けることができる電話サポートなどがついていることもありますので、独学で学習する場合は積極的に活用しましょう。
また、本によっては初心者向け、中級者向け、上級者向けなどレベル分けがされているので、自分のレベルに合わせて学習することができることもメリットです。
ただし、独学の場合はスケジューリングをしっかり行わないと途中でなあなあになってしまうことも大いにあり得ますので、自分のモチベーションを保つことが重要です。

通信教育を活用する

スクールに通う時間も独学での学習も自信がない人には、通信教育を活用するという方法もあります。
最近では通信教育の会社によって細かくレベル分けのされた講座や、卒業後の副業支援サポート、就職支援サポートなどを用意しているところもあります。
スクールに通う時間はないけど自宅学習ならできる、スクールに通うまでもないけど独学は自信がない、等の場合は通信教育を活用してみましょう。
また、どの通信教育スクールを選ぶかによって変わりますが、資格が取得できるところもあります。勉強ができて、かつ資格取得もできるということであれば、卒業後の転職や就職、副業のアピールポイントとすることもできますね。

ライフスタイルに合わせて自分に合った勉強方法を

どんなことにも向いている、向いていないは必ずあります。
せっかく勉強を始めるなら三日坊主にならないように、自分のライフスタイルに合った勉強方法で、しっかり身につけましょう。

*
*
* (公開されません)