JW-winでAUTOクロックメニューの設定をする

JW-winでAUTOクロックメニューの設定をする

クロックのカスタマイズ

標準クロックメニューはコマンドのカスタマイズが出来ません。コマンドのカスタマイズ方法について説明します。

AUTOクロックメニューの設定方法

基本設定の項目で【一般(1)】の「クロックメニューを使用しない」のチェックボックスのチェックを外してください。次に【一般(2)】の「一般設定(2)」:AUTOモードから他コマンドに移行した場合の設定が出来ます。
1. コマンド選択をAUTOモードクロックメニュー
2. 全てAUTOモードクロックメニュー+範囲選択のとき再度範囲選択で追加選択
3. AUTOモード以外のコマンドでは全て標準クロックメニューにする。
の3点を選択することにより運用方法が変わってきます。

クロックメニューをフル活用する為にも1を選択しましょう。
AUTOモードに入る場合は左AM9時方向にドラッグするとモードに入ります。AUTOモード以外では標準クロックメニューになるので注意して下さい。標準クロックメニューと操作方法に違いはありません。
初期値クロックメニュー:タイトルバー⇒基本設定⇒AUTOを参照して下さい。(図-1)下部分のコマンド一覧の数字と連動しています。これはAUTOモード使用時に有効なコマンドなので標準クロックと混同しないように気をつけましょう。AUTOモードの場合はこの基本設定でカスタマイズ可能です。建具平面や断面、タグジャンプ、式計算他通常ではほとんど使用しないコマンド郡は使用頻度の高いものに変えて運用できます。キーボードのKEY割り当てと同じです。
下記に初期値AUTOモード一覧表を添付します。(図-1)カスタマイズ出来ないコマンドは太字にしています。

図-1

左クリックAM(図-2)のコマンドは以下です。

図-2

複線 文字
消去 キャンセル 円・円弧
AUTO 包絡
伸縮

範囲

選択

複写 属性取得 線種変更

左クリックPM(以下左PM)(図-3)のコマンドは以下です。

図-3

分割 外部変形 矩形
消去 キャンセル 図形
コーナー 連続線
2線 寸法
移動 パラメトリック

右クリックAM(以下右AM)(図-4)のコマンドは以下です。

図-4

分割 円周1/8 建具平面
消去 キャンセル 線記号変形
線上点 中心点
伸縮 戻る
中心線 オフセット 進む

右クリックPM(以下右PM)(図-5)のコマンドは以下です。

図-5

線長取得 数値長 鉛直角
2点間長 キャンセル 2点間角
X軸角度 X軸角度
角度 線角度
軸角 数値角度 軸角取得

*
*
* (公開されません)

CADの人気記事一覧

キャドの話題記事