未経験者がCADを使って副業を始めるためのステップ

未経験者がCADを使って副業を始めるためのステップ

バイトやパートとして雇われることで副業をするというのがかつての副業の在り方でした。安定して働いた分だけ収入を増やすことが出来ますが、決められた時間シフトに入らなくてはならないためダブルワークには体力的な辛さもあります。一方、在宅で副業をする場合ストレスフリーな環境で収入の上乗せが可能になるので本業の邪魔をせず続けることができるという良さがあります。

副業の種類

バイトで働く方法に加えて、内職で大量の制作物を作るような副業もあります。好みの問題で内職を選ぶ人もいますが安価な内容のものがほとんどで、求人数もそれほど多いとは言えません。そこでクラウドソーシングを使用した副業の始め方を紹介します。現代ではこうしたWEB上でのお金稼ぎが主流になりつつあります。CADを使った専門的な仕事でも受注することが可能です。

CADオペレーターとして副業を始める流れ

CADのスキルを身につける

CADオペレーターと言うからには当然CADのソフトが使えるようにならなくてはなりません。CADの勉強をする手段としてはスクールに通う方法や通信教育を受講する方法、または完全に独学であっても習得は可能です。スクールへの通学の場合大きな費用と時間が必要となる分集中して一気にレベルアップすることが期待できます。独学は仕事の合間にも少しずつ進められ自分のペースで続けられますが習得までの時間は多くかかってしまうかもしれません。通信教育では独学と通学の間のような性質を持っておりある程度の自由度を保って勉強していくことができるでしょう。

サイトへの登録

もともと設計関連の仕事をしている場合やそのような職の知り合いがいれば仕事の紹介をしてくれることがあるかもしれません。気軽に意思の疎通を図って自分のスキルに合う案件を受け取ることができれば安心して副業を始められます。しかし全くゼロの知識と人脈から副業をスタートするには流れに乗るまでに時間がかかることを覚悟しなくてはなりません。クラウドソーシングサイトでは大きな案件から気軽に始められる単発の案件まで様々なものがあります。サイトに登録しCAD関連の仕事を探して、自分のレベルに合うものから選ぶと良いでしょう。

クライアントとのコミュニケーション

CADオペレーターとして働く場合、副業と言っても専門性の高い仕事でありクオリティーの高さも求められます。満足の得られるものを提供するためにはCADのスキルだけでは不十分で、十分なコミュニケーションが必要になります。いくら質の良いものを作れてもクライアントの求める図面でなければ意味がありません。フリーランスでも電話やメール等で連絡を取り合い、受注から納品するまで真摯な対応をすることで継続した仕事の獲得にも繋がることでしょう。

CADを使った副業には営業力が重要になる

以上の事から分かるようにCADオペレーターとして副業を始めるには初心者でも可能です。しかしCADソフトが使えることは前提条件となるのでまずはしっかりとスキルを身につけること、そしてその後は仕事を獲得する営業力が重要になってきます。密な連絡を取り合うことで信頼関係を築いて次の仕事へとつなげていくことを意識しましょう。