フリーランスがCADを使って働く方法

フリーランスがCADを使って働く方法

建築物や機械等の設計の際図面を描くためにCADと呼ばれるソフトを使用します。現代ではパソコンさえあればほとんどの工程がこなせるようになっています。そのため従来とは違った働き方をすることも可能になり、在宅で作業の出来るフリーランスに注目が集まっています。

フリーランスの働き方

フリーランスという言葉は自営業と同じ意味で使われたりもしますが、より柔軟なワークスタイルであるという点で区別することができます。フリーランスの多くの場合、自営業で商店を開くようなスタイルではなく、パソコン一つでコミュニケーションを取り受注から納品まで行うことになります。そのためプログラマなどはフリーランスとの相性が良く独立をしている人も多いです。しかしプログラマに限らず工夫次第では多くの仕事を在宅でフリーランスとして進めることができます。CADオペレーターであれば主な作業がパソコンを使うことになるのでフリーランスとして働く人もそれほど珍しくありません。

フリーランスで働くことのメリットとデメリット

フリーランスになることの良さはやはり自分のペースで仕事が出来るということです。フリーランスを目指す多くの人は自由さを求めていることでしょう。対人関係も自分で構築し好きな時間に好きなだけ仕事を進められます。自宅に環境を整えれば在宅ワークも可能です。また個人事業主になるため、こなした仕事は全て自己の名で評価されモチベーションにも繋がることでしょう。一方でデメリットとしては責任が重大になるということです。会社員であれば個人名は会社名の中に埋もれてしまいますがそのおかげでリスクを避けることもできます。損害が生じてしまった場合にも直接的なダメージは受けずに済みます。また、もう一つフリーランスの大きな弱点は雑務が増えてしまうということです。本来の作業内容に加えて営業から事務まで全て自分でやらなくてはなりません。個人事業主程度の経理をするにも専門知識があるのとないのとでは段違いです。仕事の専門知識だけでなく全てを自分で管理することに抵抗が無い人のほうが向いていると言えるでしょう。

CADオペレータ-として重要なポイント

フリーランスで働く場合人脈が皆無であると最初の仕事を受注するのに苦労します。会社の看板を失うということは信頼も何も無い状態からスタートすることになるので取引先からしても何の繋がりもない個人に仕事を任せるのは不安があります。そのため理想はCADオペレーターとしての人脈をあらかじめ持っておくということです。そうすることで最初のうちは知り合いなどから仕事をもらって実績を積んでいくことができ、その実績を公表することで新たな取引先を見つけることに繋がってくるでしょう。また、CADを使った仕事は専門性が強いものなので高いスキルが求められます。しかしフリーランスの場合このスキル以上にコミュニケーション能力が重要になります。図面の作成を進めていく際クライアントとの連絡は必須です。メールや電話、チャットなど方法はいくつもありますが、作業計画や進捗情報など詳細な打ち合わせを要します。真摯な対応と迅速な反応を怠らないことで信頼関係を築いていくことができるでしょう。