〔AutoCAD〕作成済みのポリラインを編集できる方法

〔AutoCAD〕作成済みのポリラインを編集できる方法

ポリラインは、折れ線全体で一つのオブジェクトであるため、移動や複写、画層などの設定変更が一回のマウスクリックでできるため、とても便利で作業効率も上がる手法です。こちらでは、すでに完成されているポリラインの編集方法を説明します。

ポリライン編集コマンドの実行

ポリライン編集コマンドの方法は、3種類あります。
1.「ホーム」タブ→「修正」→「ポリライン編集」
2.メニュー→「修正」→「オブジェクト」→「ポリライン」
3.キー入力「peditもしくはpe」
AutoCADで作成したポリラインに操作を加える方法は、切断したい場合は「部分削除」コマンド、線分を追加したい場合は「フィレット」コマンドなども使うことができます。しかし、それ以外で頂点の追加や、円弧などと結合したい、線分をポリラインに変更したい場合には、「ポリライン編集」コマンドが適しています。

ポリライン編集コマンドの操作方法

「ポリライン編集」コマンドを実行すると、コマンドラインには「ポリラインを選択 または 〔一括(M)〕: 」と表示され、ポリラインオブジェクトの選択待ちになります。この時、ポリラインではないオブジェクトを選択した場合、「選択されたオブジェクトはポリラインではありません。」と表示され選択できないため、選択待ちの状態が継続されます。線分や円弧などをポリラインに変更できるオブジェクトを選択している場合は、「ポリラインに変更しますか?<Y>」と表示されますので、Enterキーもしくはスペースキー、右クリックいずれかの方法でポリラインに変換することができます。コマンドオプション内に「一括(M)」がありますが、こちらを選択すると複数のポリラインを一括して編集することが可能です。ポリラインを選択して、変換する課程の途中で下記のように多数のオプションがコマンドラインに表れます。
オプションを入力
[閉じる(C)/結合(J)/幅(W)/頂点編集(E)/フィットカーブ(F)/スプライン(S)/カーブ解除(D)/線種生成モード(L)/元に戻す(U)]:

コマンドオプションでよく使う機能の説明

「閉じる(C)」のコマンドオプション
ポリラインの端点と端点を結んで、一つの輪のようなポリラインを作りたい時に使用します。端点と端点が重なって居る状態ではポリラインは一周していない状態、閉じていない状態となるため、ポリラインをきちんと閉じたい場合はこちらを使用しましょう。
「結合」のコマンドオプション
「結合(J)」はポリラインに別のオブジェクトを追加することができます。一つのポリラインを選択しオプションを選択すると、追加するオブジェクトの選択待ちとなりますが、この際、選択できるオブジェクトは、それぞれのオブジェクトの端点が接していないと結合できません。
ポリライン選択の際に、「一括(M)」オプションを選択したい場合、選択したオブジェクトそれぞれが一つのオブジェクトに結合されます。この場合に限り、コマンドラインには「結合タイプ=延長(E)」「許容距離を入力または[結合タイプ(J)] <0.0000>:」と表示され、端点同士の離れている許容距離以下のポリラインを結合することができます。
「幅(W)」のコマンドオプション
ポリラインの線幅を任意の太さに変更できます。
「頂点編集(E)」のコマンドオプション
ポリラインに新しい頂点を追加したり、削除したりできます。