初心者さんでもCADが楽になる!JW-CAD便利なコマンドで時短術3選

初心者さんでもCADが楽になる!JW-CAD便利なコマンドで時短術3選

CADは今や、建築や建設、設備業界等幅広い業界で使用されているツールです。
フリーソフトのAuto CADやJW CADが出始めてからは、CADでの作図の需要は増えています。
今後の為にスキルを身につけたい、という方も多いのではないでしょうか。
CADを一から独学で学ぶことは容易ではありません。ですが、専門の学校やパソコン教室に通うことも同じくらい、もしくはそれ以上に費用の面や時間の面等で難しい方も多いように思います。
実はCADはコツをつかむ事で、使い易さや学び易さが格段を変わってきます。
JW-CADのみの操作にはなりますが、覚えておくと便利で時短になるコマンド活用術3項目を下記にまとめましたので、ぜひ参考にしてみてください!

レイヤーを使いこなす

レイヤーは複数の透明のフィルムを重ねて一つの作図を完成させていくイメージです。
レイヤー分けは面倒くさい、時間がかかる、というイメージで使用しない方も多くいらっしゃいますが、図面枠、寸法線、通り芯、躯体、文字、シンボル等々…レイヤー毎に分けておくと作図はもちろん編集・修正する場合にも非常に便利です。

例えば、躯体を修正したい場合は、その他のレイヤーを編集不可の設定にすることや、非表示にすることが可能です。
レイヤー分けをせずに作図してしまうと、いざ修正を行う際に余計な線なども消してしまったり、ずれてしまったりと余計に時間がかかってしまいます。
ですが、予めレイヤーで分けておくことで編集したい項目だけ選択ができ、修正やピンポインとでの確認も容易に行うことができるのです。
操作方法としては、右横の0~9とA~Fのボタンで分けていくだけなので、操作も難しくはありません!
ぜひ、ご活用して頂きたいコマンドです。

四角や円などの図形の塗りつぶし

例えば窓や柱などの図形を描いた場合、その図形の中をちょっとの下記操作で簡単に塗りつぶすことができます。
1.「多角形」のボタン(左横にあり)をクリック

2.「任意」ボタン(左横にあり)をクリック

3.「ソリッド図形」(上段にあり)にチェックを入れる

4.その横の任意色ボタンをクリック

5.好きな色を選択

6.「円・連続線指示」ボタンをクリック

7.塗りつぶしたい図形の線上をクリック
以上の手順で簡単に塗りつぶしが完了します!

長さ・寸法の指定や計算結果を入力する

線や図形を予め線を指定して作成する方法をご紹介します。操作自体はとても簡単です!
1.線など描きたい種類のボタンをクリック

2.上段の「寸法」と記載された右横のプルダウン▼を右クリック
以上です。そうすると、数値入力のウインドウが現れます。
予め数値が決まっている場合は数値の入力をしてOKボタンクリックで指定ができます。
また、ウインドウ内に電卓機能もあるため、計算した出た数値をそのまま反映させることもできます!

いかがでしたか?
文章だけでは難しそうに見えてしまうかもしれませんが、実際に操作してみると非常に簡単で使い易いですよ!
膨大な情報をCADで作図していかなくてはならない時には時短になって便利ですので、ぜひこの機会に試してみて下さい!