CADを在宅ワークで行う方法

CADを在宅ワークで行う方法

CAD とは「Computer Aided Design」の略で、コンピュータ上で図面を作成するソフトウェアを指します。CADは、構造物の建築図や工業製品の製作図などの作成で使用されることが多く、建設業界や自動車・航空機などの機械産業で古くから用いられてきました。ただ、最近ではコンピュータ上での作図機能という特徴からアパレル・医療機器など幅広い産業での導入が進んでおり、今後CAD 操作の必要性がさらに求められることが予想されます。設計事務所や設計部門を持つ企業では、自社でCAD 操作ができる人材の育成を行っていますが、CAD操作ができる人材を外注している企業も多くあることも事実であり、その点がCAD オペレータ需要やCADの資格が注目される背景にあると考えられます。

CADオペレータは一般的に、コールセンターのように企業に出社して仕事を行う場合とオペレータ自身は自宅にいて企業などから提供される仕事に取り組む場合に大別できます。今回はそのうち、在宅で仕事をする場合についてお話させていただきます。

CAD在宅ワークで必要な設備

まず、はじめにCAD を在宅ワークで行う場合に必要な初期投資について説明させていただきます。

初期投資として必要な機器・設備として次のものが挙げられます。

・CAD をスムーズに操作できるスペックのパソコン

・A3 サイズの図面を印刷できるプリンター

・CADソフト (Auto CAD LTがお薦めです)

・A1サイズの紙を広げられるくらいの広さの作業スペース)

どれもある意味では当たり前のものですが、パソコンについてはCAD 操作が仕事のメインである以上、一番重要と考えます。(上記を整えるのに必要な投資額として、50~60万円程度が見込まれます)

また、連絡を滞りなく連絡が取れるような通信環境を整えることも重要といえます。

CAD在宅ワークのメリット

在宅で仕事を行うメリットとして、スケジュール管理を皆さん自身で行える点です。

組織で働いている方以外でも、学生の頃を思い出せば想像しやすいかと思いますが、「学生・企業人」といった一定の肩書が保証される代わりに、勤務時間や授業時間など組織に属する以上何らかの時間的な拘束が課されます。

その点では、在宅ワークはいわば職業上フリーランスに分類されると考えられ、極論を言えば「クライアントからの仕事をきちんとこなせば、後の時間は全て皆さんの自由」ということになります。現在では通信網の発達により、電話や電子メールをフル活用すれば遠隔地のクライアントであっても仕事のやり取りを簡単に行うことができます。

フリーランスである以上、どれだけ仕事を得られるかは皆さんの腕前にかかっってきますが、クライアントから信頼を勝ち取ることができれば、在宅ワークのメリットを謳歌できるというわけです。

在宅ワークの収入

CAD在宅ワークで得られる報酬は、受注する仕事内容によって大きく異なるため、収入額については一概には言えません。報酬額の決め方については、時給換算で考える場合と作成した図面の枚数で考える場合がありますが、判断基準はクライアントによってまちまちです。

CAD製図は、業務そのものが専門性が高いものです。また、図面作成を担当する人の技能によって担当できる仕事量も大きく変わってきます。

ただ、一応の目安として、時給で考えた場合 1,000円程度が相場と言われています。

一方、図面の枚数で考えた場合、A4 サイズの簡単な図面だと1枚あたり 800~1,000円、A3サイズの建築図だと1枚あたり 8,000~10,000円が相場と言われています。

*
*
* (公開されません)

CADの人気記事一覧

キャドの話題記事