JWWは2.5次元CAD?!【アイソメ図の作成方法】

JWWは2.5次元CAD?!【アイソメ図の作成方法】

JWWで作成する2.5次元の図面

jw_cadは汎用2Dのキャドソフトです。でも、しかし2.5Dの図面を作成するコマンドがあるのです。2Dの図面を描くjw-cadが3次元の図面を描くことはできませんが、3Dもどきの画像を作り出すことができるので、ザックリと使い方を紹介します。

2DCADで作る立体図

JWキャドでは3次元の図面は描けませんが、平面に高さを与えることで3次元に近い立体的な図面を描く事ができます。3次元ではないにしろ、簡単な立体が作成できますので、イメージを明確にするときなどは非常に約に立ちます。

2.5Dには、透視図や鳥瞰図、アイソメ図などが項目としてあります。つまりjw-cadでは、平面2次元のデータから透視図や鳥瞰図を描く機能があるのです。これが2.5D機能です。当然、XYのデータだけでは立体的な画像を作ることができません。Zの値を入れなければいけないのです。そこで、メニューの「その他」→「2.5D」をクリックすると、「高さ・奥行き」の数字を入れる枠があります。ここに高さまたは奥行きの値を入れれば良いのです。操作方法は簡単で、2.5Dのコマンドを選択し、コントロールバーの中の(高さ,奥行き)に数値を記入し、高さを与えたい図形をクリックすると高さが与えられます。(高さ,奥行き)といってもイメージじづらいと思いますが、高さとは地面からの高さ、奥行きとは高さからの高さの事です。数字を入れたら、高さや奥行きを与える線の端の点を左クリックで指定します。そしてその点に高さ・奥行きの数字が記されます。このようにして、高さや奥行きを与えます。

これで、「透視図」や「鳥瞰図」をクリックすると、3次元のような図が表示されます。
「作図」をクリックすると、立体の図が画面に描き出されます。あとは、不要な線を削除したり、ソリッド図形を作成したりして、見栄えが良い図形に変えて生きます。

作成した立体図面に着色する方法

作成した立体図面は着色する事で、さらに立体感を出すことができます。JWCADでも着色する事は可能ですが、感覚的な着色はできないので、他のソフトと連携する事をおすすめします。使いやすいのは、やはりAdobe Photo shopです。

作業工程としては出来た図面を一度、PDFデータとして出力します。PhotoShopはPDFのデータをそのまま読み込む事が可能なので、データの変換なども必要ありません。これがフォトショップをすすめる大きな理由です。また、フォトショップでは線分で囲まれた部分をワンクリックで選択する事ができる「自動選択ツール」もあるので、容易に塗りたい部分を選択する事ができます。

キュレーターより一言

現在、容易に3Dデータを作成できるソフトも沢山出回っております。しかも、無料で非常に高度な3Dデータを作成できるソフトもあります。しかし、今回紹介したJWWとPhotoShopを使って作るような、デジタルではあるけどアナログ的な手法を使う事で、他にはないオリジナリティ溢れる味のある作品を作成する事ができると思います。少し手間はかかりますが、是非挑戦してみてください。

*
*
* (公開されません)