5.環境設定2(基本設定編)

5.環境設定2(基本設定編)

この章では初期設定から扱いやすい設定に変更します。参考までに筆者が使用している環境設定を基本に説明していきます。特に重要と思われる箇所は赤色で表示しています。

基本設定

タイトルバー⇒設定⇒基本設定をクリック

一般(1):ここでの設定では【クロックメニューを使用しない】、【演習1/4点読み取りを円周1/8点読み取りにする】、【用紙枠を表示する】、【表示のみレイヤも属性取得】にチェックを入れてください。これでクロックメニューは表示されません。オートセーブ時間(自動保存のこと)は任意で設定してください。

一般(2):ここでの設定では、【レイヤ非表示化を表示のみレイヤ化にする】のチェックを外し、【プリンタ出力時の埋め込み文字(ファイル名・出力日時)を画面にも変換表示する】、【Shift+左ドラッグで画面スライド】、【マウスホイールの(-)マイナス】にそれぞれチェックを入れてください。

色・画面:ここでの設定では画面表示の色とプリンタ出力時の色を決めることが出来ます。線幅を強調したい場合はプリンタ出力要素の線幅の数字を調整してください。点半径は【線色3の点半径】を0.6に設定してください。印刷時の線幅(太さのことです)を作図の際に常時確認したい場合は【実点を指定半径(mm)でプリンタ出力】、【線幅を表示倍率に比例して描画】にチェックを入れてください。筆者は線幅を1に設定して必要なときに調整して運用しています。

線種:特に設定しておりません。作図に慣れてきたら好みで設定してください。

文字:文字種サイズを変更します。横、縦の比率は同一で使用していますが環境に合わせて設定ください。文字種9と10にはそれぞれ数値の大きな文字を設定しましょう。作図していて注意書き等先方の眼を引きたいときに使用すると修正点や注意表示が出来ますので便利です。

AUTOモード:クロックメニューの設定です。JW-CADのコマンドの使い方を良く理解してから使用するようにしましょう。習得した場合はかなり作図スピードが上がりますが使い始めたばかりであればコマンドを覚えるのに大変でどれがリンクしているのかわからず頓挫してしまうことになりかねませんので注意してください。このサイトでは後半の章で触れたいと思います。

KEY:キーボードのキーにコマンドを関連付ける設定です。筆者は使用頻度の高いキーを左手で通常押す範囲のキーに割り当てて使用しています。各コマンドの解説時にどのキーに設定しているのか表記しますので設定の際にはこのタブからお願いします

DXF・SXF・JWC:ここでは他の拡張子に変更し他のCADに受け渡す際に設定するものです。通常はこのままで良いです。

*
*
* (公開されません)

CADの人気記事一覧

キャドの話題記事