AutoCADでトレース図面を印刷する方法

AutoCADでトレース図面を印刷する方法

AutoCADの印刷は設定がたくさんあります。はっきりいってレイアウトやスタイルや尺度やシェーディングなどなど、全部覚えるのは大変です。しかし全部覚える必要はないと思います。もちろん知っているに超したことはないですが、会社によって印刷の設定は異なります。シンプルにそのままを印刷する会社もあれば、印刷スタイルを独自で設定している会社もありますし、レイアウト空間でビューポートを何個も作成する会社、モデル空間で印刷する会社と様々です。なのでまずは印刷の基本から説明していきたいと思います。

【基本の印刷】

モデル空間(いつも作図している通常の画面)から印刷してみましょう。メニューバーの”ファイル”→”印刷”、もしくはコマンド”PLOT”か、Windowsのショートカットキーとして設定されている”Ctrl”+”P”から印刷タブを立ちあげましょう

①~⑫番までありますね、基本のシンプルな印刷だけでもこれだけあるのです。

たとえば図のようなA3の図面を作図したとして、黄色の線は図枠、グレーの線がA3用紙サイズ(420×297)です。

最初は印刷設定のオプションが隠れているので、★マークをクリックすると出てきます。

①ページ設定は最初はそのままの「なし」でかまいません。2回目以降は<直前の印刷>にすると直前に印刷した設定が引き継がれます。

②プリンターを設定しましょう。もし使用したいプリンターが出てこない場合はプリンターのドライバがインストールされていないかもしれません。プリンターの説明書を読んでインストールしてください。

③用紙サイズを選択して下さい。

④印刷領域を設定します。「オブジェクト範囲」「図面範囲」「窓」「表示画面」とありますが、「窓」を選択します。

⑤「窓」をクリックすると印刷したい領域を囲って範囲を指定できます。グレーのA3範囲を囲みましょう。

⑥印刷オフセットを設定します。用紙の中心に印刷したいときはここにチェックを入れましょう。

⑦すこしややこしいですが、印刷尺度を設定します。作図ウィンドウでA3サイズ(420×297)の実寸で作成しているので、尺度は1:1になります。「用紙にフィット」にチェックを入れると自動で尺度が入りますが、きれいな整数になっていないとおもいます。これを1や2、50、100といった整数に直しましょう。

⑧印刷スタイルを設定します。とりあえずモノクロ印刷の場合は「ctb」、カラー印刷の場合は「Screening.ctb」を選択しましょう。他にもスタイルは独自で設定できますが、難易度が高くなるためこんかいはモノクロかカラーの設定のみにします。

⑨印刷オプションを設定します。図のように「線の太さを印刷に反映」「透過性を印刷」「印刷スタイルを使って印刷」にチェックをいれて下さい。

⑩図面の方向を縦・横選択します。

⑪印刷プレビューで確認しましょう。”Esc”キーで戻ります。

⑫設定が完了するとこの「レイアウトに適用」をクリックしましょう。これをおすことでこの設定が保存され、またこの図面を印刷するときに1から設定しなくてもよくなります。

これで設定完了です。「OK」をおすと印刷されます。

*
*
* (公開されません)