BIM対応した人気のソフトとCADとの関係

BIM対応した人気のソフトとCADとの関係

CADにも多様なソフトが登場し建築から機械設計まで幅広いニーズに応えてきました。しかし建物の建築に特化したソフトが登場し、CADとの区別がされたBIMという一つのモデリング手法が注目されています。BIMに対応したソフトが開発されることでより効率的な建造物のモデル化が可能となりました。

広い意味ではCADでもある

CADとBIMは比較対象としてよく取り上げられますが、これらを明確に分ける必要はなく、柔軟に使いやすいものを使っていけば良いだけです。もともと業務用ツールというものは作業を迅速化し効率の良い働き方を実現するために存在するものです。道具として活用していく側の人間が何かにとらわれ固執した考え方で動いたのではツールの能力を充分に発揮することができません。BIMソフトでは立体モデルの作成から検証、編集までをできるだけ可視化し、コンピューター上でも現実に近い形で作業を進められるものです。CADは設計作業をコンピューターで効率化するというものであり、もはや当たり前のことでもあります。BIMではこの概念を元に派生したとも考えられ、その中でも建築に特化したソフトが多くの企業でも導入されています。

それぞれに特徴を持つBIMソフト

Revit

これはBIM対応したソフトの中でも代表格です。AutoCADで有名なオートデスクが開発しているため多くのCADソフトとの連携が簡単にできます。Revitで作成したファイルをAutoCADやJW-CADに出力することも可能なので、臨機応変にデータを活用できます。

GLOOBE

建築物の設計をする場合法律で定めた条件に合格したものでなければ安全上危険なものと見なされ建てることができません。国内発のこのソフトは法規に則しているか検査する機能を実装しています。

VectorWorks Architect

ベクター開発のもので、作成したモデルを使用したVR体験を可能とすることでより現実に近い印象を与えることができます。

BIMソフトが得意なこと

BIMでは一つの建物を構築するうえで必要となる部品をオブジェクトとして組み立てていくことで作成していきます。建築設計から施行に役立つ機能を多く搭載し、設計段階で全てを可視化できることに良さがあります。解析機能も優れており、初期段階からパフォーマンスを最適化することができます。構造解析による物理モデルの作成から鋼材とコンクリートの設計についてのドキュメント、配管や電気に関する施工のコーディネートまで行うことができるソフトも多いです。サンプルや見積りまでを早期に提示することが可能となり一連の流れをスムーズに進められるようになります。

パーツには多くの情報が含まれ管理も容易

モデル作成には建材オブジェクトを使用します。BIMのIはインフォメーションのことであり、高さや幅などの状態に加え素材や工程時間といった、図面以外にも情報を多く含むことができます。設備機器の再現も可能で、メーカーから価格まで詳細に情報を入れることで資材管理まで応用することができます。このようにBIMの導入によって設計の手助けになるだけでなく、建築に関わる全ての過程における情報管理まですることができます。多くの作業が自動で行うことのできる現代において情報管理の持つ意味は非常に大きなものとなっています。