CADを使うバイトの内容と実態

CADを使うバイトの内容と実態

CADを使うことで図面作成などは素早く終わらせることができるようになりました。図面作成といっても様々な工程があります。単純作業のような工程から頭を悩ませながら進めなくてはならないような難しい工程まであります。また最終的に何を設計しようとしているのかによっても難易度が変わってきます。簡単な作業であっても、作業量が膨大になってくればバイトを雇おうと考える企業もあることでしょう。逆にバイトとして働きたい立場からするとどんな内容の仕事があるのか非常に気になると思います。

CADオペレータを求める案件は多数

CADを使いこなすことができれば職に困ることはないと言えるでしょう。しかしこれは熟練者の場合であり、特にバイトなどから始めようと考える人はCADの初級者または中級者である場合が多いと思います。CADを使う仕事の求人を探す際正社員枠を除外しても需要はあります。それは上級者でなくとも役割分担をすることで仕事を与えることができるからです。初級者であっても研修期間を設けてくれている場合があります。

派遣での求人が多数

飲食店やショップの接客店員などと比べるとCADを使った仕事は専門的な内容となり、スキルが求められます。そのため派遣としての求人が割合多くなっています。通常のバイトと比べて経験などが重視される傾向にあります。例えば、「JWCADの使える方優遇」、「CADでの実務必須」などと言った条件が付されていることも珍しくありません。しかしその分高度な仕事に携わることが可能になるでしょう。もしすでに実務経験がある方や、学校等でみっちり学習経験がある場合にはこうした求人を探してみても良いでしょう。仕事内容には機械設計の補助や電気設計、部品図の作成、図面修正といったものがあり、それぞれにソフトの指定をしていることもあります。3DCADの経験や、デザインなども兼ねてできるようIllustratorの操作ができる人を優遇しますといったものも掲載されています。やはり様々なソフトに触れたことがあり、これに加えてデザインやある特定の機械等の知識を持っていることで大きなアピールポイントとすることができそうです。

バイトでできる仕事内容

CADを使った仕事には正社員や派遣としての採用が多数ですがバイトとして働くことも不可能ではありません。やや求人数は少なくなりますがCAD知識を活かすことはできます。しかし多くの場合高度なCAD操作を求められるような仕事ではありません。簡単なPC操作に加えてCADの知識があればなおよしといった程度です。図面作成のお手伝いや、書類作成の仕事がメインで設計関連の業種のためCADにも少し触れる機会があるといったものです。純粋にCADオペレータとしてバイトを始めるのはなかなか難しいのが現実です。しかし根気強く求人を探すか、採用後にCADスキルをアピールして仕事をもらっていくのも場合によっては可能です。

バイトではCADの簡単な作業に終わる可能性が高い

CADバイトの求人状況は上記の通りです。しかし実際に説明や面接を受けに行った先で話し合い、スキルに合った仕事をもらえることは十分あり得ます。スキルさえあれば様々な仕事をこなしていくことが可能で、幅も広がるのでアピールできるように勉強をすることで自分の力を活かせられるようになるでしょう。