CADデータをAdobe社製品でも扱う

CADデータをAdobe社製品でも扱う

Adobeとは会社の一つですが、ここの販売しているいくつかのソフトは非常に人気が高く業務に必須となっているケースがあります。そのためCADで作成したデータをAdobe製のソフトでも扱うことで作業効率を上げることができます。また急な必要性がなくとも知っておくだけで役に立つ情報もあるのでCADとAdobe製の商品との関連性などをまとめていきます。

Adobe製のソフト

Adobe製品は豊富で用途に応じた選択をすることができます。以下に有名なソフトの一部だけを紹介しますがAdobeの販売しているソフトは実際にはかなりの数があります。

画像加工

「Photoshop」です。知名度がかなり高く企業の採用条件としてPhotoshopの経験の有無を挙げていることもあるほどです。「画像加工ソフトの経験」という書き方ではなくPhotoshopという具体的なソフト名を条件にするほどメジャーなものとなっています。本格的な編集ツールですが企業に限らず個人的な趣味として使っている人も多くいます。

グラフィック作成

「Illustrator」です。Photoshopと並んでグラフィック関連ではかなり人気のソフトです。ベクターイメージを作成、編集するソフトでロゴやアイコンなどのイラストを描くには最適です。

文書管理

「Acrobat Reader」、「Acrobat Pro DC」などがあります。PDFの操作がいずれも可能ですが、できることの範囲が違います。Acrobat Readerのほうでは基本的にPDFの表示に限られあとは印刷や注釈追加する程度です。一方でAcrobat Pro DCだと文書の編集からオフィス形式への書き出しまで自由にPDFを操作できます。

WEB制作

「Dreamweaver」です。WEBサイトを構築するためのコーディングの助けとなるソフトです。HTMLやCSSなどの言語を知らなくてもコーディングすることができ、またプログラミングができる人であっても短時間でのコーディングが可能になるため使用しているケースは多いです。

CADとの関連

これらのソフトのうちCADと関係してくるのはillustratorです。図面作成はベクター形式に向いており、場合によってはillustratorでCADの代わりを務めることも可能です。実際CADソフトを使用せずillustratorだけで設計を行うことはほとんどありませんが、CADで作成したデータをillustratorでも利用し編集などを加えていくことがあります。illustrator側ではCADによる図面データの読み込みができるようになっておりスムーズな作業ができるでしょう。しかしCADソフトによっては一度データ形式を変換してからillustratorに読み込む必要があるかもしれません。一般的に利用率の高いDWGやDXFなどのデータ形式であれば問題なくデータを移せます。また図面をPDFとして表示したいときもあるのでAdobe Readerなどのソフトを利用することもあります。CADソフトを持っていない企業にデータを送りたい場合図面が表示できるようPDFに変換してから納品をすることもよくあります。CADソフト側でPDFに変換することができるものもあるので使用しているソフトで確認してみると良いでしょう。

illustratorで見栄えの良い図面を作る

illustratorでは単調な設計図に色などを付け加え、プレゼンのような魅せる必要のある場面に活用できます。CADで作成した図面を加工しイメージ図のような形に仕上げることができます。Adobeではプラグインも多数用意されておりそれぞれのソフトの機能を拡張することが可能です。これによりillustratorでもCADのような機能を追加することができます。図面作成を本格的に行うのではなくCAD的な側面をillustratorにも欲しいという場合に有効的です。