CADでブロック作成からブロック解除までする方法

CADでブロック作成からブロック解除までする方法

CADで単純な図面だけを扱っていると気づかないことがあります。ブロックという概念も簡素な設計図ではあまり必要性がなくブロックの作成をするまでもなく終わってしまうことがあります。しかし複雑な線や図形が集中した図面だとブロック機能が重宝し、ブロックの作成、場合によっては解除も行いながら作業をしていくことになります。

ブロックのありがたみ

複数からなる点や線、円から文字まで、これらを1つのまとまりとしてセットにしたものがブロックです。ブロックを登録し作成することをブロック化とも言い、繰り返し同じ図形等を使うときに威力を発揮します。ブロックとしてまとめていなければ、これらの選択時に線や円などの状態でバラバラになってしまいます。各要素を移動したいときやコピーを作りたい場合に全てを選択する必要があり操作がしにくい上に表示も見にくくなってしまいます。特に他の図形と近接している場合には選択をするだけでもシビアな操作が求められ非常に苦労します。しかしブロックを作成することで基点が一か所表示され、ブロック上のある一点をクリックするだけで簡単に選択ができるようになります。

ブロック作成の流れ

ソフトによって操作方法に多少の違いはありますが、おおよそ同じ流れで簡単にブロック作成ができます。パターンとしては、メニューから「ブロック」を選択しその後ダイアログボックスから範囲の選択などの指定をしていくケース、またはあらかじめ範囲を選択しメニューから「編集」「ブロック化」を選ぶケースなどがあります。例えばAutoCADの場合メニューにある「作成」「ブロック」、そして「ブロック定義」と進んでいきます。コマンドラインから作成することもできますが、よく使われる機能でもあるのでキーボードでショートカットを入力しむことも可能です。

ブロック登録情報

ブロック化する際具体的にどのような情報が必要になるのでしょうか。「ブロック化」または「ブロック定義」などで登録過程に進むといくつかの登録情報を求められます。どれもブロックを使用するための便宜上必要になるものであるため、自分が今後再利用しやすいように考えましょう。

ブロック名

これから登録するブロックに名前を付けてどんな図面であるか簡潔にまとめます。任意に名前は入力できますが統一性を持たせることで使いやすくなるので他のCADデータとの関連や、部品の品番などを参考にすると良いでしょう。

基点

ブロックを挿入するときや移動させるときの操作性に大きく関わるポイントです。使いやすくなるような点を選びましょう。

その他

他にもいくつか情報を付け加えることができます。コメントを入力しブロックの詳細を残すことや、ブロック挿入時にプレビューを表示させるかどうかの設定などができる場合もあります。

ブロックの解除

メリットしかなさそうに見えるブロック化機能ですが、一度登録した図形にミスが合った場合や変更があって編集を行いたいときには少し手間を加えなければなりません。ブロックの状態でその一部の線などを編集することができないので一度ブロック解除をします。そのためにはブロックを選択しメニューの「編集」から「ブロック解除」、またはダブルクリックからプロパティの中のブロックの項目に入り「分解」をしていきます。ソフトによってボタン名などに違いはあるもののブロックの作成から解除までだいたい同じ方法で行うことができるでしょう。