未経験から始める機械設計のCADオペレーター

未経験から始める機械設計のCADオペレーター

CADが未経験でも学習意欲さえあれば知識を増やし、スキルを磨くことで仕事にすることは十分可能です。機械分野で特にCADを使った業務などに興味があり、目標に向かってどのような努力をしていけば良いのか迷っている人に向けて、必要な知識や就職までの流れを簡単に説明していきます。

CADを使った仕事の概要

CADとはそもそもコンピューター支援によるデザイン、つまり図面作成をすることです。そのためCADオペレーターを目指すといった場合、CADソフトの操作が出来るようになることで設計の補助的な業務などを担うことになるケースが多いです。本来設計者が図面を作成することが工程としては自然な流れですが、製図だけでも仕事量が膨大となり手が回らなくなってしまいます。そこでCADオペレーターのような製図を専門的に行うプロがいることで業務の効率化を図られています。

機械設計もできるCADオペレーターになるには

CADの操作しかできなければできる仕事も限られてしまいます。そこで機械工学などの知識を持つことで設計業界では大きな強みとすることができます。職業訓練など、講座を受けることでこうした高度な内容にも触れることが可能です。今後のスキルアップが狙えるので、機械設計や開発まで視野に入れる場合には受講を考えてみると良いでしょう。

どんな人が向いているか

実際に手を動かして作業をしてみると想像していたものと違ったと感じすぐに辞めてしまうということも考えられます。CADとはある製品の製造工程の一部をコンピューターで行っているのであり、ものづくりをしているという感覚を忘れてはいけません。イメージだけで潜り込んでみるとその後自分には向いていないと気づくこともあるでしょう。やはりものづくりに興味があり、何かを組み立てたりするのが好きな人の方が向いているでしょう。また理論的な思考回路を持っていることも重要です。空間把握能力に長けていることや計算が得意であることも大切な素養です。

機械図面の理解ができるための知識が必要

CADの操作だけができても思わぬところで根本的なミスが発生してしまう可能性があります。機械分野の設計から開発業務までを就職先として目標に掲げている講座を見てみると、同然CADに加え機械設計に関連する多くの教養を身につけられるようなカリキュラムが組まれています。例えば設計者になるには材料力学などの視点から計算をする能力も必要です。さらにシミュレーションで強度解析等を行えるようCAEの技術まで学習します。CAEとはCADとよく対比される言葉で、コンピューターによる解析支援技術を意味します。こうした機械設計への総合的な知識を持つことで高度な仕事もこなせるCADオペレーターになることができます。

未経験でもチャレンジは可能

何も知らないということはそれだけで不安材料なので、まずは行動してみることが大切です。聞いたこともない単語が飛び交うと難しそうな会話に聞こえることもありますが、学習してみると意外とすんなり受け入れられたりもします。誰しも最初は未経験であり、そこから少しずつ勉強を繰り返すことでレベルアップしプロになっていくことができます。機械設計に関しても同様です。CADの操作から入るのであればフリーのソフトもあるので手を付けやすいものから始めてみると良いでしょう。