独学でCADを始めるメリットとデメリット

独学でCADを始めるメリットとデメリット

設計等にあたり図面を書く工程がありますが、CADというソフトを使用することで効率的に仕事を進めることができます。数多くの便利な機能があるものの、当然これらを使いこなせなければ意味がありません。逆に言うと完全にマスターすることができれば作業時間を大幅に短縮することが可能です。そのようなレベルにまで達することができれば職場での活躍、または就職活動においても大きな武器となるでしょう。CADを勉強するために講座を受けるなど手段は様々ですがやはり独学だとコストも抑えることができます。

独学で始めるために必要なもの

CADを学ぶためには最低でもパソコンとソフトが必要になります。CADを学習する初歩の段階でハイスペックのパソコンを準備する必要もありませんし、高価なソフトを購入しなくても学習環境は整えられます。無料で手に入れることのできるソフトもあり、自分に合うものを探してみると良いでしょう。しかしすでに会社で指定されている場合や就職を狙っている会社で使われているソフトが分かっていれば、学習段階から特定のソフトに焦点を合わせていくのも立派な学習計画です。あとはプリンターや操作のしやすいマウスを持っていると効率的に進められるでしょう。特にマウスの操作が作業の速さに効いてくるので手の大きさに合うもの、そしてワイヤレスのものを選んでみると良いかもしれません。

独学で始めるメリット

独学の一番のメリットはやはり費用が少なくて済むということです。通信教育や専門学校等への通学と比べればはるかにコストパフォーマンスが良いです。時間的な余裕も持てます。仕事や別の事との両立もしやすいです。自分のペースで進められるのは気持ち的にも楽になるでしょう。CADは使っている人も多く、人気のソフトであれば参考書や入門書も色々選べます。全てが自分のペースで進められ、教材も好みで選べるので納得したものに出会うまで吟味するという楽しみもあります。

独学で始めるデメリット

様々なメリットを挙げましたが、独学で勉強をすることにもデメリットはあります。例えば理解できないことがあったときに質問できる人がいないということです。分からないことを自分で調べるのも勉強の一つですが不必要に時間をかけてしまって効率的ではない進み方をしてしまう可能性もあります。講師という存在がいてくれるだけで勉強するときに安心感が得られます。また学校等での勉強の場合アフターフォローも期待できます。これからCADを学んで就職に活かそうと考えているのであれば大きなメリットです。仕事の紹介などをしてくれることもあるかもしれません。独学であればその後の仕事も自分で取ってくることになります。

独学で続けるためのポイント

メリット・デメリットを理解したうえで今後の学習方針を決めていきましょう。上記の内容は一般的な情報を紹介しただけであり、人によっては一人で勉強するほうが何倍も早く習得できる可能性もあります。しかし独学で一番大事なことはモチベーションを維持し続けることです。とにかく続けないことには身に付きません。特にCADは慣れが肝心になってきます。自分の中でしっかりと目標を持って取り組み、そのためにはどのようにして勉強していけば良いか考えればやるべきことが見えてくるでしょう。