CADとBIMを比べて理解する

CADとBIMを比べて理解する

似た意味を持ち、同じような場面で使用されるCADとBIMはよく比較対象とされます。できることも共通点が多く使い分け方が分からないことやそれぞれの特徴を混同してしまっている人もいます。建築の業界で生きるにはこれらの意味の違いをしっかりと理解する必要があるでしょう。

対象範囲が異なる

CADの場合Computer Aided Designがフルネームで、コンピューターによるデザインの支援と訳されます。ここでのデザインは設計の意味合いが強いもののCADの対象となる分野は非常に広いです。一方でBIMはBuilding Information Modelingがフルネームで、建物を情報でモデル化することと直訳できます。つまり建物を扱う世界が主な領域です。CADと比べるとやや狭い領域と言えます。しかし範囲の広さで良さを決めるのではなく、それぞれにメリットデメリットがあるので特徴を把握することが大切です。特に建築物の立体イメージを作るような場面ではBIMの導入が進み企業等での活用率も上昇しています。

BIMでできること

BIMではコンピューター上に建物の立体的なモデルを再現していきます。これだけだと3D-CADとできることが同じですが、その過程やモデルの使い方に違いがあります。BIMの場合、あるオブジェクトの集まりでモデルが構成されており、それぞれのパーツに情報を与えて組み合わせていくことで構築していきます。CADとの違いが分かりにくいですが、CADの場合まず平面で図面を作成しそれを元に、立体へと組み立て、そしてCGによってシミュレーションしていくという流れが基本スタイルです。BIMはとにかく立体での表現が簡単で手間が少なくて済みます。いきなり3次元から組み立てていくので建物のイメージがしやすいのも特徴です。

管理が簡単

BIMによるモデリングは作成が簡単なだけではなく管理がしやすく、編集も気軽にできます。建物を構成するパーツを部分的に編集してもそこに影響する範囲で自動的に変更が反映し整合性を保ってくれます。CADでは各部分の図面作成した後これらの照らし合わせをし、整合性のチェックをしているので作業時間が比較的長くなります。図面の枚数も多くなる傾向にあるでしょう。

BIMが完全な上位互換とも言えない

ここまでの説明だとCADよりもBIMが完全に優れているようにも思えます。建物の3Dでの表現や専門でない人にCGで見せるようなケースだとBIMの方が使い勝手は良いかもしれません。しかしBIMでは立体モデルを作るのに制約がかかってしまい自由度という面で3D-CADに劣ることもあります。3D-CADでは細かく作りこまなければならない分より自由な設計が可能になります。その他BIMの機能として紹介されることの多い内容についてもCADで互換可能なものがほとんどです。しかしBIMの良さと言うのはCADと比べて多機能であるという点ではなく立体物の扱いやすさというところにあると言えます。実際アニメーションや検証などを行うときにはBIMだと簡単にできます。

手早く立体モデルで建物を表現するにはBIMが向いている

特にCADオペレーターでなければBIMソフトを使用することで3Dモデルを早く作成することができます。BIMソフトでも学習コストはかかりますが、3D-CADで作るよりも直観的に作業ができるので建物のモデリングに関してはBIMのほうが取り組みやすいと言えます。