CADを始める人向け勉強法

CADを始める人向け勉強法

業界がまったく異なり、これまで設計関連に関わったことがなければ「CAD」という言葉を見かけることすらないでしょう。しかし現代ではあらゆる分野で効率化や自動化、便利なツールが開発され続けています。CADは製図の分野における便利ツールの代表格です。その活躍の範囲はとても広く、製図に少しでも関わる仕事をしていれば耳にすることもあるでしょう。CADを使いこなすことができれば重要な人材として新たな仕事を得ることも可能になります。そのためCADをゼロから始めようとする人も少なくありません。そのとき問題になるのが勉強法です。勉強するにもいくつかの方法があるので、それぞれの特徴や良さなどをお伝えしていきます。

CADについて

CADを勉強しようと決心している人であればCADが何かといったことは理解していることかと思います。CADとは図面を描くためのソフトです。コンピュータの登場まで手書きで行われていた作図に比べるとはるかに効率的になっています。単純な作業であればある程度自動でやってくれることもあります。しかしCADの参入によって、パソコンやソフトの操作を勉強する必要が出てきました。

主な勉強法

ほとんどの場合、独学、通学、通信教育などの手段を取ることになるでしょう。自治体によっては職業訓練校で行われていることもあります。それぞれに特徴を挙げていきます。

独学

おそらく多くの場合独学で学ぶことになるでしょう。独学は敷居が低く、ある程度必要な物を準備すればスタートできます。最低限必要な物としてパソコンと教本があれば独学の学習環境は整います。手軽に始められるのが独学の良いところですが、学習効率が良いとは限りません。独学が向いていなければ、どのような教本を使えばよいのかなど迷うことが多くなってしまいます。

通学

最も安心して勉強ができる方法かと思います。学校に通学することでCADを教えてくれる先生がおり、分からないことは質問することができます。CADの知識に加えてその他周辺知識を身につけることも可能です。また学習後の就職までサポートしてくれる学校も多いです。デメリットとしてはやはり費用と時間が多くかかってしまうという点です。

通信教育

独学と通学の間のような特徴を持っています。自宅で学習が可能なので拘束時間もあまりありません。時間の限られている人でも有効活用することでしっかりと身につけることができるでしょう。

独学の場合の注意

専門学校等への通学、通信教育を利用する場合には学習方針が用意されておりカリキュラム通りに進めばある程度CADが使えるようになります。一方で独学の場合時間や費用の自由度は高くなりますがしっかりとモチベーションを保たなければ続かないこともあります。またCADを覚えるにもソフトは無料とは限りません。一般的に使われることも多いAutoCADは10万円以上にもなります。そこでできるだけ初期費用を抑えて始めるには無料配布しているJW-CADなどを使うと良いでしょう。どんなソフトを使って勉強するのかも重要な要素です。

目的意識をしっかりと持ちCADの勉強に取り組もう

独学の場合にはモチベーションの維持をするため、通学や通信教育でも費用を無駄にしないためには、CADを学習した先の目標を掲げ勉強していきましょう。