アルバイトに求められるCADのスキル

アルバイトに求められるCADのスキル

「設計」は物を作る上で欠かせられない工程です。設計無く物を作成していくことは現実的ではなく、図面として描かなくても自然と頭の中でイメージしていることが普通だからです。簡単なものづくりであれば頭の中の設計だけでも組み立てに入ることが可能ですが、あらゆるものが複雑化し多機能、高性能となっている現代の機械などは最初に設計図を作成しなくてはなりません。CADを使うことで作図は可能となりますが、高度なスキルを求められる場合アルバイトとしての採用はほぼないです。しかしCADを使った仕事にアルバイトがいないわけでもありません。そこでアルバイトとして働く場合どのようなCADのスキルが必要となるのか紹介していきます。

アルバイトとしての求人内容

正社員としての求人がある場合経験豊かなCADオペレータを中途採用するか、若者を対象とした採用も見かけます。経験の浅い新人を採用する場合にはCADの研修から始めるケースが多いです。または最初から実践に入るものの実質は先輩からほとんど教えてもらいながら進めるということもあります。そうして経験を積んでいくことで徐々に高度な仕事を受けるようになっていきます。しかし正社員ではなくアルバイトとして働くことにも良さはあります。時間的な拘束時間などに差があり、融通が利きやすくなります。一方でアルバイトでは正社員と比べると仕事の内容が簡単で単純になる傾向があります。CADの経験があり機械設計など図面作成をこなしていきたいと考えている人には向かないかもしれません。アルバイトの場合の求人内容はCADと言ってもほとんど操作をする必要のないプラスアルファとしての期待しかされていません。メインとなる仕事もCADではなくデータ入力といった簡単なPC操作であることが多いです。例外的にCADのスクール講師としての採用があるので、実務経験が豊富な人であれば教える立場になるのも良いでしょう。CADと講師の経験をどちらもしている人と言うのは少数だと思いますが、CADの経験さえあれば採用してくれるケースがほとんどです。講師に限らず、何か一つのスキルがあればあとは研修で補うという方針を持っている企業も多いようです。

派遣を考えてみても良い

勤務時間としてはアルバイトよりも比較的長くなりますが、派遣の採用枠を探すことで仕事の幅は広がります。正社員でなくても新人研修を設けている企業は多いです。派遣であれば専門的な内容に携わることも可能で、CADオペレータとして図面を書いていく仕事ができるようになるでしょう。派遣の場合にも経験のある人が有利であることに違いはありません。例を挙げると、AutoCADの経験やJWCADの経験があれば優遇しますという内容です。また独学でCADを学んでいる人などはスキルがあっても実務経験がない場合があります。必ずしも経験が必須というわけでもなく、学習経験があれば採用しますと宣伝しているところもあります。どちらにしても派遣の場合はアルバイトよりも気持ちやスキルの面で求められることが多く、CADを意欲的に学ぼうという意思は必要とされています。

アルバイトで高度な設計は行わない

アルバイトの場合CADの知識があればそれだけで良いとされるケースや、簡単なツールを使用して単純な図面のみの作成をすることになりそうです。