アプリでもできるAutoCAD

アプリでもできるAutoCAD

CADにも色んな種類がありますが、有名なソフトの一つにAutoCADがあります。建築業界に精通する人でなくてもこのソフトを知っている人は多くいることでしょう。実はこのAutoCADにはモバイル版が存在しており、アプリとしてダウンロードすることでスマホでも操作が可能です。CADアプリを使う利点などについてまとめます。

いつでもどこでも

CADアプリを入れる最大の利点はいつでもどこでもCADデータの操作ができることにあります。外出先で図面の表示をして人に見せることが可能で働き方にも柔軟性が持たせられます。ノートパソコンがあればCADソフトを立ち上げて同様のことが可能ですが、色んな意味でスマホを使った方が軽量でスムーズに事が進みます。単純にスマホやタブレットを持ち運ぶ方がノートパソコンよりも重量が軽くバックなどに入れても邪魔にならないので状況を選ばずCADが使えます。特にスマホであれば常に持ち歩いていることが多いので、予想外のタイミングでデータ閲覧をしたい場合でもすぐに対処ができるでしょう。また起動も早くノートパソコンの電源を付けソフトを立ち上げるよりも素早く作業ができます。

細かな編集には向いていない

CADアプリを使えば図面の編集などもできます。しかし想像してみると分かるように指で小さな画面をタッチしながら機械製図などを行うのは無理があります。大きな画面でマウスを使ったほうが圧倒的に正確で迅速な製図が行えます。スマホの性能の限界ということもありますが、こうした操作性の問題が目に見えていることからアプリでできる操作には限りがあります。普段パソコンで使っているCADソフトと同じ編集をすることはできません。しかしスマホでも操作可能な単純な内容であれば作図をすることもできます。出来る内容はアプリによる差異も大きいので確認する必要があります。

AutoCADアプリ

CADソフトの中でも大きなシェアを占めるAutoCADはその人気に伴ってアプリ版も多数ダウンロードされています。アプリ版はパソコンで操作している通常のAutoCADとデータを容易に共有することができるためAutoCADを使っている人はこのアプリがおすすめです。AutoCADに限らずどれか特定のソフトを使用している場合同じ会社が開発したCADアプリを使うことで連携が取りやすくメリットも大きいのでできるだけ使うソフトは揃えておくのが無難です。しかし操作性がアプリによって異なるので使いにくいアプリを使い続けるよりは異なる開発元であっても気に入ったものを使用すると良いでしょう。

アプリ版の特徴

アプリ版AutoCADについてですが、まずこれには無料版と有料版があります。まず無料版で触り心地を体験し、その後有料版に進むと良いでしょう。メールに添付されたDWGファイルやクラウドに保管されているファイルを開くことが可能で、オフラインでも作業することもできます。新規図面の作成や修正等ができ、図面をPDFやDWGに出力して共有することも可能です。

AutoCADのアプリを取って生産性を向上できる

このようにアプリを上手に使っていくことで効率的に作業ができるようになります。モバイルデバイスで操作ができることによって場所を選ばず、オフィスから移動中のような場面、そして自宅までシームレスなワークフローを実現できるでしょう。