CADオペレーターや機械設計者になるために有効的な講座

CADオペレーターや機械設計者になるために有効的な講座

どんな分野であっても独学で何かスキルを身につけようとするとモチベーションを保つのが大変になってきます。特に機械製図を行うようなCADオペレーターになろうとするなら専門的な知識が必要となり予備知識がないと独学もなかなか捗りません。そこで世の中には自治体が行っている職業訓練などを代表に、CAD及び機械設計を学べる講座が開かれています。

CADだけでは就職は厳しい

CADの操作が出来るということは立派なスキルの一つですが、あくまで製品を作る工程のごく一部を担うことしかできません。図面の意味を理解し、製図の前後の工程もできることで人材としてより重宝してくれるようになります。CADの中でも人気の高いソフトであればネットでほとんどの情報を得られるほどCADオペレーターの数も増え、ただ一つのスキルだけでは正社員として採用されにくい現状もあります。段階的に学習プログラムが組まれている講座ではCADの操作に加えて機械図面の知識や解析技術まで学ぶことができるものもあるためこれらを利用していくことでスキルアップを目指すと良いでしょう。

「CAM」や「CAE」という言葉も知っておく

CADとよく並べられることの多い言葉に「CAM」や「CAE」があります。いずれも製品製造工程においてコンピューターによる手助けを意味しています。「CAD」が比較的多くの人に知られていますが、機械設計をするのであればCADの操作ができるだけでなく、せめてCAMやCAEについては知っておかなくてはなりません。直接関係のある工程ではないかもしれませんが、CADを利用する多くの業界において常識的な単語でもあります。

CADとは

Computer Aided Designの頭文字を取った言葉で、コンピューター支援による設計を意味します。図面をソフトで作成しデータとして利用できることで作業効率の上昇を図っています。

CAMとは

CADと異なるのはコンピューター支援による「製造」であるという点です。実際の加工を行うため、加工用のプログラムを作成し制御工作機械に指令を出します。

CAEとは

コンピューターによって事前検討の支援などを行います。コンピューター上でモデルを使いシミュレーションを行います。

CADからCAM、またはCAEまで学ぶ講座もある

CADやCAM、CAEまでスキルを身につけようとすればソフトの購入までする必要があり独学では厳しくなってきます。しかし仕事に活きる能力を習得するには機械設計に関係するこれらの知識を体系的に学ぶことが大切です。講座を活用することで整った環境を利用し効率的な学習をしていくことができるでしょう。汎用的な力を身につけるには学習段階で特定のソフトの操作を極めるのではなく基礎力を身につけることが大切です。初心者に向けた講座であることが多いため、事前に求められる能力も中学レベルの数学やパソコンの基本操作ができれば問題はありません。機械設計の幅広い知識、そしてCADの操作からCAEを活用した解析技術を学べる講座も多いです。

講座を活用して機械設計者を目指す

単なるCADオペレーターであれば講座を受ける恩恵はそこまで大きなものではありません。フリーで使用できるCADソフトもあり、CADのスキルのみで単価の低い仕事も受けることも一応はできるからです。しかし機械設計から習得するのであれば学習環境を整えるだけでも大変になってきます。効率的なステップアップを図るにはプロの元で講座を受けるのが良いでしょう。