CADオペレーターの求人状況や働き方について

CADオペレーターの求人状況や働き方について

建築や電気、機械の分野のみならずアパレルの業界にまでCADソフトが使用されるようになっています。一口にCADと言ってもそれだけ様々な分野に特化したソフトの種類や使い方があるということです。そのためソフトの操作ができればCADオペレーターとして幅広い業界で働くことが可能です。実際のところCADオペレーターに関する求人や雇用形態などはどのような内容のものが多いのか紹介していきます。

CADオペレーターの需要

様々な業界でCADは活用されておりオペレーターの存在は欠かせられません。CAD自体が多分野にまたがって使われていることからオペレーターの需要も高まっていると考えられますが、CADの存在が当たり前になってきているため少し触る程度でれば操作ができるという人が増えています。これはCADオペレーターを専門とする人からすると、需要の増加に伴ってライバルも増えてしまっているということです。結果としてCADを専門に扱うオペレーターに対してより高い質が求められるようになっています。オペレーターを雇う会社としても人件費を削減したいと思うのは当然で、簡単なスキルは身内で習得しようとするのは普通の事でしょう。しかし高度な技術力が必要な場合専門のオペレーターを雇う必要があるので、スキルに自信があれば仕事探しに困ることもないでしょう。

簡単な作業のほとんどはパートや派遣

CADオペレーターの求人状況を見てみると分かるように求人数自体は多いです。しかしその多くは派遣社員としての求人や、時給の低いパートとしての採用枠です。多くの職場でCADが使用されていると言っても高度なスキルが求められる環境は限られてきます。そのような仕事であれば正社員かつ高給になる傾向があります。一方でフリーランスのように在宅で簡単な図面作成などを請け負っている人もいるためCADの操作ができるというだけで大きな収入を得ることは難しくなっています。

CADに加えてもう一つのスキルがあると優遇される

CADオペレーターとして働く際有利になる条件として、CADによる仕事の質が高く素早い作業ができることが挙げられます。これは当然として、もう一つ重要なポイントは周辺知識を身につけているかどうかという点です。時代と共にほとんどの職業で働き方に変化が生じています。例えばちょっとした事務のバイトであってもパソコンの操作ができることはもはや常識になっています。会計の事務であればまず専門となる会計の知識、そしてパソコン操作ではエクセルやワードが扱えること、さらに特定の会計ソフトが操作できるといった具合に何か別のスキルを備えていればその分需要も高まることでしょう。特定の業界においては事務員でも簡単なCADの操作を求められることがあります。逆に言うとCADの操作ができるだけでなく事務の知識があるとCADオペレーター兼事務員となることができ、働き方に幅がでてきます。

常に自己研鑽を心がける必要がある

CADオペレーターのような技術力を必要とするような仕事の場合常に勉強をしていくことが大切になってきます。ソフトも日々アップグレードを続けておりそれを操作する人間側も進化する必要があります。CADのみに特化した職人タイプを目指しても良いですが、幅広く仕事を受け取れるようになるには多様な知識の仕入れが重要になってくることでしょう。