CADの学習方法とその選び方

CADの学習方法とその選び方

CADとはAutoCADなどを代表とする設計ソフトです。機械、土木、建築だけでなく現代では様々な業界で使用されています。CADを学習するだけで仕事を得ることもできます。すでにそのような業界に携わっており、ある程度CADがどのようなものか知っていれば臆することなくスタートを切ることができるかもしれませんが、完全にゼロからCADに触れる場合には学ぼうにも学習のやり方を知ることから始めなくてはなりません。

CADのソフトについて

CADシステムは多くの業界で活用されています。CADにも様々な種類のソフトがあり、それぞれに強みを持っています。3DCADはその名の通り3Dで設計図を描くことが可能で、よりイメージの掴みやすい図面を作成することができます。しかし難易度は比較的高めのものと言えるのでまずは平面から始めると良いです。CADの有名なソフトにはAutoCADがあります。実務でも多くの会社で採用されており本格的な図面を描くことができます。このソフトで学習を始めればそのまま仕事に活かすことができるでしょう。しかし購入するにはやや高めの費用がかかってきます。無料で手に入れることのできるソフトとしてはJW-CADがあります。無料ですが本格的なソフトです。この他にも用途に合ったソフトが開発されていますが、理想としては複数のソフトを使いこなせるようになることでしょう。

活躍の場

設計は色んな場面で行われています。建築系の他自動車など機械設計、電子機器の設計、インテリアやアパレルにおいても行われています。CADは設計に関係するほぼすべての場で活躍します。CADを学習し、習得することができれば一気に自分の活躍できる場も広がるでしょう。

学習のための主な手段3つ

CADを学習するにあたって多くの場合、独学か、学校に通うか、通信教育を受けるかの3つに大別できます。

独学は自由だが自己管理の出来る人向け

独学での学習は最も敷居が低いものの途中で諦めてしまいがちです。束縛が一切なく自由過ぎるため、やめるのも簡単にできてしまいます。その分自己管理がしっかり行えてモチベーション維持が自ら出来る人なら効率よく力を付けていくことができるでしょう。そのような人は好きな時間と好きな場所で学習ができ、好きな教材を選んで楽しく進めていくことが出来ると思います。インターネット上でCADについて調べることもできますが情報量が多すぎるため必要な情報とそうでない情報とをきちんと取捨選択できる能力も必要となってくるでしょう。また、学習期間に余裕がありのんびり進めたい人にも独学がおすすめです。

決まった時間を確保できない人は通信教育がおすすめ

自分一人では学習していく自信がないものの学校に通うほどのまとまった時間も確保できない、という場合通信教育を利用するのも良いでしょう。プロの考えたカリキュラムの内容を自宅で進めていくことができます。

費用と時間が用意できれば通学

お金と時間に余裕があり一気に習得したいのであれば通学を考えてみると良いかと思います。対面で講師から教えてもらえるので疑問に思うことがあれば質問することで解決ができます。

できれば体験してみよう

CADの学習に向けていくつかの方法を紹介しました。独学以外の場合、体験や説明を受けてから決断するのも良いでしょう。独学であってもまずはフリーのソフトをダウンロードして触ってみるのもおすすめです。