2DCAD、3DCAD、CATIAを使う仕事に転職するには

2DCAD、3DCAD、CATIAを使う仕事に転職するには

CADを使う仕事では、2DCAD、3DCAD、CATIAなど様々な分野で、それ専門のCADオペレーターとして働くことができる求人情報が出ています。今からCADのスキルを習得するのに、「どれを学んだらよいか?」というのは、CAD初心者やCADオペレーター未経験の方が持つ最初の疑問だと思います。まずは、2DCADや3DCADについて理解することが必要です。2DCADの操作に自信がある方でも、CATIAなどの高度で特殊なCADは、実物は見たことがない場合もあるほどです。
おおまかに言うと、2DCADは設計図面をデータ化したものになります。つまりコンピュータにとっては、線が集まったオブジェクト(図形)になります。3DCADを使いこなしているオフィスでも、2DCADを顧客に渡す図面として使ったり、加工業者への指示図面とに使用したりなど2DCADはまだまだ需要があります。

これからは3DCAD

3DCADは、2DCADと違って、オブジェクトはただの線の集まりではなく、物体を情報を含んだ物体として認識します。そのため、大きなプロジェクト、たくさんの人が関わる場合、多くの情報を共有できるメリットや、実際に近い形を視覚化できることにより設計段階から詳細な打ち合わせが可能です。それは3DCADでなくては実現できないため、大きなメリットのひとつです。CATIAも含め、3DCADは非常に高価なソフトもありますが、規模の大きな仕事の中では高い効果を発揮します。そのため、仕事をこれから探す、転職を考えているという場合、これから3DCADのスキルというのは仕事先の幅も広がりますし、求人も多くあります。
3DCADのスキルを活かせる場は、多くの人が関わる規模の大きな現場が多いです。多くの人が関わる大きなプロジェクト中で役割を担う場合、コミュニケーション能力も必要です。依頼者からの意図をきちんと理解し、操作できるという経験も積み重ねていき、学んでいくことが大事です。 CADで仕事を探す人は「CADオペレーター」としての立場から始めてみるケースが多いでしょう。将来性的には、「2DCADオペレーター」より、「3DCADオペレーター」を目指していくのが良いでしょう。3DCADの方が後から出てきたため、まだまだ発展している部分もありますので、人手不足な会社も多いです。3DCADを習得した方が、2DCADを扱うことが難しくないこともイメージできると思います。

エンジニアを目指すには

オペレーターという立場に限定してしまうと、大きなプロジェクトでは作業の範囲が狭く、コアな部分には関われないという壁にぶつかり、もっとエンジニアとして働きたいという意欲がわく方もいらっしゃると思います。エンジニアを目指しておくのであれば、ベテランエンジニアを中心にした「ユニット制」で仕事をするのが良いです。経験豊富でプロジェクトにも慣れている人の仕事の仕方を間近に見ながら学ぶと効率的に仕事を覚えることができます。
エンジニアがよく使用するCATIAは、自動車業界、航空機業界など、大手企業が多くの会社と連携して開発する現場に普及しています。なかなか個人的に練習する機会はないですが、スクールなどでのCATIAの習得は大きなプロジェクトにかかわれるような転職をするための大きなチャンスにもなりますし、さらに転職先の選択肢が増えます。