フリーで使える3DCADや3DCGソフトの紹介

フリーで使える3DCADや3DCGソフトの紹介

3Dソフトは大きくわけると「3DCAD」と「3DCG」の二つがあります。「3DCAD」は、工業製品や精密機器の設計に使われることが多いです。きちんと寸法などが数値で設定され、確実な形を作ることができます。そして「3DCG」は、有機的な自然の形に近いものを作り出すのに向いています。データの形式としては、三角形のパッチの集合体で形成されるポリゴンをよく使用しています。ポリゴンは3DCADと比べると、形を数学的に正確に作成することができません。しかし、フィギアやジュエリーのような滑らかなものを作り出すのには向いています。

 3DCAD「DesignSpark」

デザインだけではなく、機械設計も行うことができる無料の3DCADソフトです。期間限定の使用ではなく、完全に無料となっています。まだ操作に慣れていない方でもジェスチャーベースモデリングを使って、直感的に形を作ることができます。日本語版もあるため安心です。こちらの3DCADはWindowsのみでダウンロードし使うことが可能です。

 3DCAD「Trimble SketchUp」

こちらはGoogle社が開発し提供していた3Dモデリングソフトでしたが、現在はTrimble社が提供しているものとなっています。工業製品よりも建築分野で使われることが多い3DCADソフトです。基本的な操作ができる部分はフリーですが、機能を強化したい場合はPro版を購入する必要があります。

3DCG「Sculptris」

こちらは彫刻をするように制作することができるデジタルスカルプト(彫刻)という操作が基本です。ペンタブを使用しデッサンするように操作できることもできるため、デッサンが得意な方に向いているソフトでしょう。
こちらのソフトは英語版のみとなっています。画面上は英語表記になっていますが、日本語の公式マニュアルがありますので、そちらを使用すれば英語が得意ではない方も理解することができます。WindowsとMac両方でダウンロードして使用することができるソフトです。

3DCG「メタセコイア」

こちらのソフトは日本製ですので、日本人には使いやすい作りとなっています。モデリング専用なため、動作もスムーズで、操作性もよくなっていて簡単でもあるので初心者でも入りやすいソフトです。得意とするのは「人物」の作成です。この人物をモデリングして、動きや衣装を変えたい場合は他のアニメーションソフトと組み合わせる必要があります。無料版もありますが、機能が増える有料版も5000円と手を出しやすい価格です。こちらのソフトWindowsとMac両方でダウンロードして使用することができます。

3DCG「Blender」

ゲームエンジン機能も内蔵しているソフトとなっているためさまざまなコンテンツを制作できるソフトです。モデリング、レンダリングだけではなくアニメーションも作ることができます。無料とは思えない高機能を備えているので急速に普及しているソフトです。WindowsやMacだけではなくLinux版もあります。日本語版もありますので、操作内容を理解するのも難しくはありません。

様々なソフトを紹介しましたが、自分の作りたいものに沿ったソフトを選んで使いこなしていきましょう。