ジュエリーデザイン業界で3DCADスキルを活かす

ジュエリーデザイン業界で3DCADスキルを活かす

従来、ジュエリーデザイン業界では、職人の経験と勘により成り立っていた部分が、3DCADのグラフィックによって、どなたでも見て確認できるようになりました。さらに、立体的に出力することができる3Dプリンターが普及されたことで、試作品を誰でも作ることができるようになったため、産業革命が起こっています。そのため、デザイナーや職人もCADスキルを得なければならないようになっている状況です。また、トップデザイナーがデザインした世界的に有名なブランドのジュエリーや、人件費が抑えられる東南アジアで作られた、低価格のジュエリーなどに対抗するには、複雑な形状やデザインを形にし、効率的に設計できるCADスキルは必須です。それらを踏まえて、CADのスキルを活かせる場には、ジュエリー業界という進路もありますので覚えておきましょう。

センスも必要となる仕事

ジュエリーなど、小物類のデザインは、デザイン業界にも色々ありますが、かなりセンスが問われる分野です。小さい分、そこにセンスや独自性を集結させなければなりません。建築や機械などと違い、購入する人は幅広いですし、娯楽品ですのでさまざまなシーンで売れやすいというメリットもありますが、大小たくさんのジュエリー会社があるため、その中からジュエリーを選んでもらうというのはとても難しいです。デザインセンスや知識なしでは、なかなかCAD操作ができるというだけでは就職が難しいため、専門的なスクールや通信講座で学ぶ必要があります。

ジュエリー専門CADスクールに通って学ぶ

最も効率的に知識やスキルを得ることができる手段です。3DCADの操作を学べるほか、ジュエリーが完成するまでの流れも学ぶことができます。3Dプリンターを設置してあるスクールもあるため、自分のデザインしたジュエリーの形を実際に出力して確認することができます。短期コースもありますので、費用を抑えたい方に合った講座もあります。また、講座を終えたあともアフターフォローをしてくれるスクールもありますので、実際に自分で操作したときに持った疑問点を質問できる場があるのは、とても心強いですね。

通信講座で学ぶ

初心者がジュエリーCADを独学で学ぶには、教材が必要になります。専門的な知識、CADの操作方法を必要とするため、一般的な書籍では知識を得ることは難しいです。そこで、専門のテキストを入手するこができて、なおかつ自宅で学ぶことができる通信講座も一つの学ぶ場として良いでしょう。教材は、基礎的なことから、徐々にスキルアップできるような内容になっていたり、実際に使われているノウハウを学ぶことが可能です。実践で使えるようなノウハウは、独学では難しい部分です。こちらを学ぶことができるのは、専門の通信講座ならではです。通信講座でも、もし操作やジュエリー制作法についての不明点があった場合、気軽に質問することができます。どんな操作かをDVDで確認できるテキストを扱ってる場合もありますので、文で理解することが難しい部分も映像で見ることによって理解できるようになります。

ジュエリーという分野は仕事ではなく、趣味でも楽しめる分野です。スキルを得れば色んな機会で使うことができますね。