高機能なのに無料で使える?!3DCADの「Fusion360」

高機能なのに無料で使える?!3DCADの「Fusion360」

3Dプリンターの普及と低価格化に伴い、個人で3Dプリンターを持つことができるようになりました。自分で設計し、それを3Dプリンターで出力し、実際に形にできることを想像すると、とてもワクワクしますね。形にするには、その形の元を描く必要があります。そこで必須なのが3DCADで、最もおすすめするのがAutoCAD社が提供している「Fusion360」です。3DCADは色々ありますが、「Fusion360」は実質無料で使うことができます(年間$100,000以下の個人やスタートアップ、教育関係者は無償で利用可能)。無料で使うことができて、高機能なんて使わないわけにはいかないですね。高機能とは一体どんな機能があるの?とこれから使ってみようと思う方にいくつかの機能を簡単にご紹介します。

 モデリング

様々なコマンドで自由自在にモデリングすることができます。

履歴機能

過去に作成したデータを履歴から再度使用することができ、「大きさを変えたい」、「形をやっぱり変えたい」というときに簡単に変更することができます。

スカルプ

「Fusion360」では、有機的な形の作成を、イメージとしては粘土をこねるように画面上で造形できるような「スカルプモード」という機能があります。人形など、滑らかな曲線を作るときなどに使えます。

レンダリング

オブジェクトに素材の情報を持たせることで、まるで写真のようなイメージを作成することができます。実際に近い形で確認できるのでプレゼン資料にもつかえるでしょう。

アンセンブリ

何かを作成するときに、一つの部品、物体のみで作られていることはあまりありません。複数の部品をファイルに分けて、最後に組み合わせることができるアンセンブリと機能も持っています。

ジョイント

作成した部品を、画面内で実際に動かすことができる機能が「ジョイント」です。実際に形にする前に、動きを確認できると安心ですね。

アニメーション

ジョイントしたモデルをアニメーションにすることができます。こちらも実際にどんな動きをするのかを見せることができるのでプレゼンで重宝する機能でしょう。

2D図面の作成

3Dモデルだけではなく、資料として寸法や仕様が記載された2D図面を求められる場面もあります。3DCADで作成したモデルを2Dの図面にすることができます。

シミュレーション

様々な構造解析ができる機能もあります。どんな解析ができるかというと、「熱応力」、「構造座屈」、「モード周波数」、「静的応力」、「非線形静的応力」、「イベントシミュレーション」など様々です。例えば、どれくらいの負荷をかけると壊れてしまうのかという解析が「応力計算」で、出力する前にシミュレーションできるのはとてもメリットがあります。

おわりに

「Fusion360」の豊富な機能を簡単にご説明しました。3Dプリンターで実際に出力するためのモデル作成がイメージできたと思います。どなたでも、3Dプリンターでのものづくりに挑戦できる環境が整っていますね。もし、3Dプリンターがない環境でも、実際に近い形を3DCAD内で形を作るだけでも面白いです。そこからものづくりの世界に興味を持つきっかけもなるかもしれないですね。