[AutoCAD]コピーだけじゃない?ARRAYも複写として使える

[AutoCAD]コピーだけじゃない?ARRAYも複写として使える

AutoCADで作図するにあたって、よく使うコマンドのひとつに「複写(COPY)」があります。日本語でもコピーという単語は色んな場面でよく使うので、とてもなじみがある覚えやすい言葉でもあります。その定番の「複写(COPY)」以外にも複写が出来るコマンドがあるのはご存じですか?同じオブジェクトを複数コピーするときには、連続コピーモードにすると思います。そちらでも作図はもちろん可能ですが、コピーする桁数が多くなった時には、また別の便利なコマンドがあります。そのコマンドは「配列複写(ARRAY)」です。大量にコピーしたいときには、こちらのコマンドを使用した方が作業時間がアップする場合があります。その「配列複写(ARRAY)」についてのお話です。

コマンドの実行方法

「配列複写(ARRAY)」の実行方法は以下のとおりです。
1.「ホーム」リボン→「修正」→「配列複写」
2.メニュー「修正」→「配列複写」
3.キー入力で「ARRAY」

矩形状配列複写

「配列複写」コマンドには3つの複写方法があります。その一つが「矩形状配列複写」です。こちらは等間隔でオブジェクトを縦横に複写したい時にとても便利です。
「矩形状配列複写」を選択すると、オブジェクト選択画面になります。複写したいオブジェクトを選択すると、そのオブジェクトは破線に変わります。破線になったのを確認したら「Enter」もしくは「右クリック」で確定します。そうすると、リボンが「配列複写作成」に変わり、「列」、「行」、「間隔」などを設定できるようになっています。終了した場合でも、オブジェクトを選択することでいつでもこの画面が表示されて、調節することが可能となっています。「レベル」という項目は3D配列用です。もし、作図を2Dで行っている場合はデフォルトの「レベル1」から変更する必要はありません。

円形状配列複写

「円形状配列複写」も配列複写コマンドの一つです。こちらは任意の基点から、円形状にオブジェクトを配置、複写するときに使用します。「矩形状配列複写」と同じく、オブジェクトを選択し確定させたらリボンが「配列複写作成」に変わります。
配置するオブジェクトの数を変更できる「項目」、オブジェクト間の角度を指定する「間隔」、全体の複写角度を指定する「埋める」をまず数値入力します。
次に、「行」の指定ですが、円の外側に作成される行数を指定する「行」、行間の距離を指定する「間隔」、その入力した数値の「合計」は自動で数値が入ります。

どのようなシチュエーションで使う?

コピーし配置する時に、「矩形か円形のどちらかで配置したい」、「いくつ配置するか決まっている」、「間隔が等間隔と決定されている」、「円周が決まっている」、「等間隔に回転配置したい」などの確実な作図目的があった場合「配列複写(ARRAY)」を使用した方が間違いなく効率的です。そしてミスが出にくいのも大きなメリットです。一つずつ配置していくと、少しのズレが起きた場合、全て等間隔でズレてしまうミスが起きることもあります。またそういった状況を、一発で修正するときにも使えます。「複写(COPY)」と「配列複写(ARRAY)」を臨機応変に使いこなすことで、作業がグンと速く正確になります。