「機械設計」とはどんな仕事?CADを学んで進路を検討している方に

「機械設計」とはどんな仕事?CADを学んで進路を検討している方に

独学やスクールなどで学んだ、CADオペレーションスキルを得た方は、では「CADの操作は覚えたけど一体どんな働ける職種があるんだろう?」と思う方もいると思います。CADを使っている場はかなりの数があるため、どんな業種があるのか知らないとその後の進路を決めるのに不安がある、もしくはどういうジャンルがあるのか気づけない場合もあると思います。また、CADが使える仕事ならどんな職種でもいいと思う方もいるかもしれませんが、長らくその業種に従事していると、もっと専門の知識を習得しなければいけない状況もあるでしょう。学んでいく上で、自分が興味が持てる分野なのかどうかは、その後のモチベーションにも係わります。今回は、CADを使う職種でも代表的な「機械設計」についてお話します。

 機械設計とは何か

「機械設計」とは、文字の通り、機械を設計する仕事です。とくに、機械の動く仕組み、メカニズムを設計する仕事です。設計者は思い描いたアイデアを、具体的な形にしていく重要な工程を担います。実際に、ものにするための図面をCADで描きます。ここで、CADオペレーターが作図の補助をしたり、設計に変更があった場合の変更修正の業務に携わることが多いと思います。
そして、「機械」と聞いてもピンとこないかもしれません。「機械」とは実際どんなものかというと、ほとんどの人が使用している身近なスマートフォン。こちらも「機械」ですし、自動車や電車、家電、石油コンビナートもプラントという大きな機械の一つです。このように、精密機械から大きな重工業系の機械まで、機械設計者はありとあらゆるものを設計しています。人々の暮らしを豊かにするものを生み出す職業といってもいいでしょう。

機械設計の仕事内容

「機械設計」の仕事の流れは、大きく分けて、概念設計>基本設計>詳細設計>生産設計の4つのステップで成り立っています。
簡単にわかりやすく説明すると、まずはじめにコンセプトを決めることからはじまります。「どんな機械にしようかな?」というアイデアや方針に沿って、おおよその形や、それに必要な部品、技術、素材などを組み合わせて検討していきます。
詳細がまとまると、CADを使用し、ものを作るための設計と製図をおこないます。機械設計では、CADだけではなく、「CAE」という解析ツールも使用します。これは、シミュレーションをおこなうことで、設計上問題がないかなどを確認するツールとなっています。
設計を進めていく段階で、様々な検討事項が発生します。例えば、「シミュレーションした結果、強度が足りていないから材質をかえよう」、「もっと小型化したいから部品をかえてみよう」、「コンセプトと内容が違ってきてしまったので違う案を採用しよう」など試行錯誤しながら設計していきます。その機械の安全性や環境に影響がないか、作るためにかかるコストや納期などの詳細をつめる必要もあります。
最終的には、工場なので生産できるように、具体的な寸法・材質・部品・加工や組立方法などを詳細な図面に仕上げていきます。

一つのものを仕上げるのにとても多くの人が携わっているのが想像できると思います。CADオペレーターもその中の一人です。自分に適した分野をみつけていきましょう。