設備業界に進めたいCADのソフトと機能 3選

設備業界に進めたいCADのソフトと機能 3選

インターネット上で「設備業界CAD ソフト」などと検索すると、数多くの種類があってどれを選んだらいいのか、自分に合うソフトはどれなのか困ってしまって選べなかった経験がありませんか。設備業界、住宅関連、電気業界等、使用する職種によってもCADのソフトには向き不向きがあります。その中でも設備業界におすすめしたいソフトと今非常に便利に進化している機能をご紹介したいと思います。

JW-CADを使わない手はない!

JW-CADはフリーソフトの中でも最もポピュラーなソフトの一つなので誰もが聞いたことがある、もしくは使用した経験があるのではないでしょうか。JW-CADが有名な理由の一つとして、初心者向けで機能の使い方が分かりやすく、どのような業界でもある程度使用しやすい特徴があります。設備業界の場合、建築躯体等が完成された状態でデータを貰うことが多々あります。その後エアコン等の設備を付け足していく作業をすることが非常に多いですよね。その際にも建築躯体をレイヤーで分け、付け加えていくことができます。また、他社から建築躯体のCADデータを別のソフトで貰った場合にも、JW-CADは互換性に優れているので、他社ソフトでもほとんど変わらずに使用可能であることが多い点もオススメのポイントです。

有償のソフトを選ぶポイントは2つ

今や様々な会社で独自のCADソフトを一般向けに販売しています。やはり有料なだけあって、フリーソフトよりも機能性に優れ、より緻密な図面を作成することができます。ですが、種類が多すぎますし、無料ではないので、慎重に選ぶ必要があるかと思います。購入してから後悔だけはしたくないですよね。実は購入時のポイントは非常に単純な2点です。まず1点目は、同業界から販売しているソフトを購入することです。そして2点目は、機能があまり多すぎないものを選ぶことです。1点目の理由は、そのままではありますが、同業界のソフトは必要な機能が充実している為、です。そしてあまり必要性のない他業界の機能が必要最低限に集約されているので、逆に使いやすいのです。2点目もそのままの理由ではありますが、「あれもこれもできすぎる」そういったソフトは上級者向けのソフトです。初心者・中級者の方が使用すると、どの機能をどう使うのかが分からず、ソフトを使いこなすのに時間がかかってしまうことがあるのです。その為、機能は単純で且つ必要な物がしっかり入っている、そんなCADソフトを見つけましょう。

シンボルは各メーカーのホームページから入手しよう

今や常識かもしれませんが、設備業界(特に空調業界)のホームページからほとんどのメーカーで空調機のCADシンボルを無料で入手することができます。私はこの機能を知った時に驚愕と感動を覚えました。ダウンロードして、自分の作図したデータ内に貼り付けるだけで使用できることは作業時間の短縮にもなります。設備の型式さえ分かっていれば、寸法も狂わないのですから。また、空調機の場合、そのシンボルから配管や配線を伸ばすこともでき、メーカーのソフトを使用してれば、同一メーカー限定にはなりますが、ソフト内で機器を選んで、シンボルをプロットすることができます。更には配管や配線を伸ばす際には自動で認識してくれて一層時間の短縮に繋がります。有償のソフトを選ぶ場合は、よく使うメーカーが発売しているものを選ぶのも一つの手ですね。

いかがでしたか。ご覧いただいた方の参考に少しでもなりましたでしょうか。作図は正確性とスピードが必要な作業です。知らないだけで損はしたくないですよね。賢くソフトを選び、賢く機能を使いこなしてご自分のスキルアップに是非繋げていってください!