〔AutoCAD〕コマンドアイコンを使用したコマンド操作をマスターする

〔AutoCAD〕コマンドアイコンを使用したコマンド操作をマスターする

AutoCADはコマンドを実行する操作が基本です。たくさんのコマンドを確認することが出来ますが、使用頻度が高いコマンドはそれほど多くはありません。コマンドをクリックすることで実行する方法と、キーボードを使用してコマンド入力によりコマンドを実行する方法がありますが、今回は基本的なコマンドをクリックする操作を説明します。覚えて実務に活かしましょう。

コマンドを実行する方法

コマンドを実行する方法は、主に2つの方法があります。
1.マウスクリックによるコマンドの選択、実行
2.キーボードを使用したコマンド入力による実行

マウスクリックによるコマンドの実行

マウスクリックによるコマンドの実行は、画面上部にあるリボンで使用したいコマンドを選択し、クリックして実行する方法が一般的です。そのほかに、実行するコマンドのアイコンがクイックアクセスツールバーにある場合は、そちらからコマンドを選択しても実行できますし、メニューボタンからメニューを選択してコマンドを選択、実行することも可能です。

直線を描く時のコマンドの実行方法

AutoCADを実行した直後は、何もコマンドが実行されていない状態、オブジェクト選択モードになっています。そこから線分を描きたい場合は、「線分」コマンドを実行します。
リボンを使用してコマンドを実行する場合
リボンの中にある「ホーム」タブをクリック→「作成」パレットにある「線分」コマンドのアイコンをクリックすることで起動します。
メニューを使用する場合
メニューボタンをクリック→プルダウンの中から「作成」メニューをクリック→右側に表示されるコマンドのリストの中から「線分」コマンドをクリックし起動します。

コマンドの解除の仕方

コマンド実行し作業を終えた後や、他のコマンドを使用したい時のコマンド解除について説明します。コマンドの解除はキーボードの「Escキー」を押すと、実行していたコマンドが解除され、オブジェクト選択モードに戻ります。実行したいコマンドをクリックすることでも、自動的に使用していたコマンドは解除され次のコマンドが実行されます。作業の内容によって使い分けましょう。

 コマンドの説明をしてくれるツールチップについて

まだAutoCADに慣れていない方はコマンドだけ見てもどんな機能を持っているのか思い出せないことがあります。そんな方にとても便利なのが、ツールチップという機能です。コマンドアイコンにマウスポインタを移動させ、クリックせずに一定の時間を待つと、ツールチップというコマンドの説明が表示されます。ツールチップには2種類あり、初めに表示される「基本ツールチップ」とさらに一定時間を置くことで現れる「拡張ツールチップ」があります。拡張ツールチップはより詳細な説明とコマンドによっては図で説明してくれる表示が現れます。ツールチップが表示されるまでのじかんを変更したい場合は、
1.「オプション(optionsまたはop)」コマンド
2.メニュー→「ツール」→「オプション」の「表示」タブ
どちらかの方法で設定可能です。コマンド操作に慣れてきて、機能についても十分理解したので表示は必要ない、表示されるのが邪魔に感じる場合は表示をオフにすることも可能です。